バーベルシュラッグで僧帽筋を攻める!やり方と注意点

スポンサードリンク




バーベルシュラッグとはシュラッグをバーベルを使って行なう筋トレメニューのこと。バーベルを使うことで手首が固定されるため、ダンベルよりも高重量を扱うことができます。肩をすくめることで僧帽筋を鍛えることができますよ。

僧帽筋を鍛えることで肩背中に立体感を出すことができます。バーベルシュラッグで僧帽筋を追い込もう!

そこで今回はバーベルシュラッグの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

バーベルシュラッグは「僧帽筋」を鍛えることができる

バーベルシュラッグは肩をすくめてバーベルを持ち上げることで、「僧帽筋」を鍛えることができます。僧帽筋を鍛えることで肩背中に立体感を出すことができます。

肩~背中のボディメイクを目指すなら僧帽筋を鍛えましょう。

シュラッグはダンベルを使って行なうメニューが最もポピュラーなトレーニング方法ですが、バーベルを使うことで手首が固定されるため、ダンベルよりも高重量を扱うことができます。僧帽筋をより一層鍛えたいならバーベルシュラッグがおすすめです。

バーベルシュラッグの正しいやり方

バーベルシュラッグの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したりしてしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

トレーニングの回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

バーベルシュラッグの基本動作は

1.バーベルを順手で肩幅ほどで握る

2.身体の前で両手を伸ばしてバーベルを構える

3.肩を耳に近づけるように肩をすくめてバーベルを持ち上げる

4.肩をすくめてバーベルを持ち上げたら、ゆっくりと下ろしていく

5.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

バーベルシュラッグを行なう際の注意点

バーベルシュラッグを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になったりします。注意点を押さえておきましょう。

肩の力でバーベルを持ち上げよう

バーベルシュラッグを行なうときは肩をすくめてバーベルを持ち上げるように意識しましょう。腕の力・膝の反動を使ってバーベルを持ち上げてしまうとターゲットである筋肉が刺激されません。

しっかり肩だけの力を使ってバーベルを持ち上げるように意識しましょう。もし肩をすくめるのが難しく感じる場合は肩を耳に近づけるイメージで行なうとやりやすいですよ。

広い可動域を意識しよう

バーベルシュラッグを行なうときは肩をすくめてゆっくりと下ろすように広い可動域を意識しましょう。狭い可動域でトレーニングしてしまうとしっかり筋肉が刺激されません。

僧帽筋を刺激するためにできる限り肩をすくめて広い可動域でトレーニングしましょう。

バーベルシュラッグで僧帽筋を追い込もう!

(Youtubeより)

バーベルシュラッグはバーベルを使ってシュラッグを行なうトレーニングメニューということがわかりましたね。バーベルを使うことで手首が固定されるため、ダンベルよりも高重量を扱うことができます。肩をすくめてバーベルを持ち上げることで僧帽筋をメインに鍛えることができますよ。

バーベルシュラッグで僧帽筋を追い込もう!

バーベルシュラッグについてまとめると

  1. バーベルを使ってシュラッグを行なうメニュー
  2. 僧帽筋を鍛えることができる
  3. 肩の力でバーベルを持ち上げよう
  4. 広い可動域を意識しよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1