食事・栄養・プロテイン一覧

プロテインのデメリットは?飲みすぎや食事の代わりするのは危険!

プロテインは筋肉をつけたり、タンパク質を効率的に摂取するには最適な飲み物です。しかしプロテインが身体に良いからと飲みすぎる・食事を摂らずにプロテインだけで済ますというような使い方はよくありません。その他にもプロテインのデメリットというより万能薬ではないという点を解説していきます。

プロテインは太る?それはただのイメージ!むしろ痩せる!飲み方・ルール

プロテインは太るというイメージがありませんか?確かにアスリートやボディビルダーなど身体を大きくしたり、鍛える人が飲んでいる印象が強いので、プロテインは太る感じがします。実は逆にプロテインは痩せます。もちろん飲み方や最低限のルールを守る必要はありますが、プロテインは太るというのは間違っています。プロテインは太らない理由と正しい飲み方を解説していきます。

ランニング後にプロテインを飲もう!ランナーがプロテインを必要とする理由

なぜランニング後にプロテインを飲むべきかというとランニング後は筋肉が疲労している状態。筋肉が疲労しているということはアミノ酸やビタミンを欲している状態です。そこで手軽にかつ吸収の速いプロテインで栄養を補給してあげましょう。そうすることで筋肉の回復がより一層速まり、次の日に疲労を残しにくくすることができます。

プロテインはどのタイミングで飲むがベスト?プロテインを飲むタイミングを解説!

プロテインの効果を最大限に活かすタイミングは運動後30分以内と寝る1時間前がベストなタイミングといえます。なぜかというと運動後は筋肉がアミノ酸を欲している状態なのでプロテインで栄養を補給させるとより一層吸収力が高まります。また寝る前にプロテインを飲むことで成長ホルモンが働き、タンパク質を筋肉に効率的に作ってくれます。プロテインを飲むすべきベストなタイミングとおすすめのプロテインを解説していきたいと思います。

植物性タンパク質は動物性タンパク質と同等の筋肉増強力があることが判明

結構勘違いされているのが、動物性タンパク質(主にホエイプロテイン)の方が筋肉が作られると思われています。確かに植物から作られるタンパク質って筋肉になりにくそうって感じがしますよね。結論から言うと植物性タンパク質も動物性タンパク質も筋肉を増強するためにはそれぞれ同等の有効性があります。つまりどちらかが劣っているいるということはないという研究結果が出ています。それでは詳しくみていきましょう。

ダイエットの食事メニューが決まらない!そんな時に便利なスマホアプリ3選

身体を絞ったり、ダイエットのための料理・食事メニューを考えるのはほんとに大変です。ひたすらカロリーを抑えると美味しくないし、味を気にするとカロリーが増えます。一体どうすればいいのか…そこでそんな時におすすめの料理・食事メニューを検索できる&わかりやすい&大量に食事メニューがあるスマホアプリを紹介していきたいと思います。

スタミナ切れは効果半減!筋トレの前後に糖質を摂ろう!理由と効果

糖質(炭水化物)の摂取を控えてしまうと筋トレのパフォーマンスが低下してしまったり、途中でスタミナ切れとなってしまいます。カロリー摂取を抑えるために糖質を避けがちですが、筋トレ前後に糖質を摂る理由としてトレーニング中のパフォーマンスの向上・トレーニング後の疲労回復に糖質は活躍してくれます。