デッドリフトの意味は?なぜこんなイカツイ名前なの?

スポンサードリンク

デッドリフトは筋トレBIG3と呼ばれるほど筋トレの効果が高いことで有名です。

筋トレの名前の中でもデッドリフトはなんだかイカツイ名前だな~と思いました。

デッドという単語は「死んでいる」「効力を失っている」「役に立たない」という意味になります。

結論を言っちゃうとデッドリフトという名前がついている理由がいくつかあると言われており、「死体を持ち上げる動きに似ている」「死ぬほどつらい」「止まった状態のウエイトを持ち上げる」という意味があるようです。




デッドリフトってどういう意味なの?なんだかイカツイ名前だ!

デッドリフトは筋トレBIG3と言われるほどの筋トレ代表格です。これは多くの方が知っていると思います。

しかしデッドリフトの意味っていまいちわからないですよね。筋トレにしてはなかなかエッジの効いた名前だなと気になってしまいました。

デッドは「死」とか「効力を失っている」というような意味合いが含まれています。他の筋トレは筋肉の部位や動作、器具の名前がつくことが多いです(ベンチプレスやトライセプスキックバックなど)

調べてみるとデッドリフトはいくつか名前の由来があるようで、

  • 死体を持ち上げている様な筋トレ
  • 死ぬほど辛い筋トレ
  • 止まった状態のウエイトを持ち上げる筋トレ

このようにいくつか由来が挙げられます。

最初の二つはなんとなくデッドに引っ張られて、後付け感が強いですね。おそらく三つ目が有力な意味となりそうです。

ちなみにGoogle翻訳で「deadlift」を翻訳すると

「行き止まり」と翻訳されます。ちょっとニュアンスがずれますね。

デッドリフトは死ぬほど辛い!でも効果は抜群!

個人的な見解としてはデッドリフトは「止まった状態(デッド)のウエイトを持ち上げる(リフト)」が最も有力な意味となると思います。

しかしデッドリフトは死ぬほど辛いトレーニングだということには変わりありません!週に2回デッドリフトをしていますが、やるたびにこんな辛いトレーニングは他にない!と思いながらトレーニングしています(笑)

ただここまで全身を鍛えることができるトレーニングメニューは他にないですね。

デッドリフトをしていないなら是非ともデッドリフトをトレーニングメニューに取り入れましょう!

デッドリフトとは膝を曲げて前傾姿勢の状態から立ち上がり、ウエイトを持ち上げる筋トレメニューのこと。一度に上半身から下半身まで幅広く鍛えることができる筋トレBIG3と呼ばれるほどの効果の高いメニューです。全身を鍛えたいなら確実に取り入れるべき筋トレです。

うんちくとしてデッドリフトの意味を自慢しよう!

デッドリフトの意味はいくつかあると言われていますが、止まった状態のウエイトを持ち上げるという意味が最も有力です。

デッドリフトの意味をうんちくとして、自慢してみましょう!意外とデッドリフトの意味を知らない方が多いと思いますよ!