チューブシュラッグで気軽に僧帽筋を鍛えよう!やり方・注意点

スポンサードリンク




チューブシュラッグとはシュラッグトレーニングチューブを使って行なう筋トレメニューのこと。チューブシュラッグは肩をすくめることで僧帽筋を鍛えることができます。

通常のシュラッグはダンベル、バーベル、ケーブルマシンを使いますが、トレーニングチューブで代用が可能です。トレーニングチューブを1つ持っておけばいつでもどこでも筋トレに取り組むことができますよ。

そこで今回はチューブシュラッグの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

チューブ・シュラッグは「僧帽筋」を鍛えることができる

チューブ・シュラッグは肩をすくめることで「僧帽筋」を鍛えることができます。僧帽筋は首から背中にかけてにある筋肉で、鍛えることで肩こり改善やなで肩改善効果が期待できますよ。


(Amazon.co.jpより)

シェラッグは通常ダンベル、バーベル、ケーブルマシンを使いますが、トレーニングチューブを使って行なうことも可能です。トレーニングチューブを1つ持っておけば、場所も取らない・軽いのでいつでもどこでも筋トレに取り組むことができますよ。

チューブ・シュラッグの正しいやり方

チューブ・シュラッグの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したりしてしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

トレーニング回数の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

チューブ・シュラッグの基本動作は

1.チューブを両足で踏んで押さえる

2.チューブの両端をそれぞれ持つ

3.身体の横に手を位置して構える

4.肩をすくめて、チューブを引いていく

5.肩をすくめてチューブを引いたら、ゆっくりと下ろしていく

6.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

チューブ・シュラッグを行なう際の注意点

チューブ・シュラッグを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になったりします。注意点を押さえておきましょう。

しっかり肩をすくめよう

チューブ・シュラッグを行なうときはしっかり肩をすくめましょう。腕でチューブを引いたり、膝を曲げたりするとターゲットである僧帽筋が刺激されません。

僧帽筋を刺激するために肩をすくめて、僧帽筋を収縮させることを意識しましょう。

ゆっくりとした動作でトレーニングしよう

チューブ・シュラッグをするときにはゆっくりとした動作でトレーニングしましょう。あまりにも素早い動作でトレーニングしてしまうと僧帽筋に余計な負荷がかかってしまい、ケガの原因になります。

チューブ・シュラッグをするときはゆっくりとした動作で筋肉を収縮させましょう。

チューブ・シュラッグでいつでもどこでも僧帽筋を鍛える!

チューブ・シュラッグはシュラッグトレーニングチューブを使った筋トレメニューということがわかりましたね。肩をすくめることで僧帽筋を鍛えることができます。

通常のシュラッグはダンベル、バーベル、ケーブルマシンを使いますが、トレーニングチューブで代用が可能です。トレーニングチューブを1つ持っておけばいつでもどこでも僧帽筋を鍛えることができますよ。

チューブ・シュラッグについてまとめると

  1. シュラッグをトレーニングチューブを使って行なう筋トレメニュー
  2. 僧帽筋を鍛えることができる
  3. しっかり肩をすくめよう
  4. ゆっくりとした動作でトレーニングしよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1