自重トレーニングのメリットとデメリットを徹底解説します

トレーニングメニュー

筋トレってダンベルやバーベルを使わないと身体が鍛えられないイメージがありませんか?実際は自重トレーニングで十分鍛えることが可能です。

自重トレーニングのメリットとデメリットについて徹底解説していきます。自重トレーニングをしない理由がありませんよ。

まずは自重トレーニングとはどんなトレーニングかについて

自重トレーニングとは「自分の体重だけを使ったトレーニング」です。

ダンベルなどの重りを使わず、自分の身体だけを使ったトレーニングなので、筋トレをこれから始めたい方やリハビリなどのために身体を動かしたい方でも気軽に挑戦できます。

 

自重トレーニングならジムに行く必要がないので、いつでもどこでも筋トレができます。普段ジムに行く時間がない忙しい方にもおすすめです。

気軽に筋トレに挑戦できる・道具が必要ない・忙しい方でも大丈夫!というメリットがあるので、自重トレーニングは初級者~上級者まで幅広く取り組むべきトレーニング方法となっています。

自重トレーニングのメリット

自重トレーニングのメリットをみていきましょう。

メリットをみると今すぐにでも自重トレーニングを始めたくなりますよ!

 

自重トレーニングのメリット

  • どこでもトレーニングできる
  • 費用が全くかからない
  • 十分細マッチョになれる

それぞれ詳しくみていきましょう。

どこでもトレーニングできる

自重トレーニングは重りやマシンが一切必要ありません。いつでもどこでも筋トレをすることができます。

ジムに通うのがめんどくさいと思う方や忙しくて時間がない方でも自重トレーニングなら自宅などで気軽に身体を鍛えることができます。

これは自重トレーニングならではのメリットでしょう。

費用が全くかからない

道具が必要ないということは自重トレーニングは費用が全くいりません。

今すぐにでも自宅で筋トレを始めることができちゃうのです。

ジムに通うとなると会員費が結構かかってしまうので、費用を抑えたい方には自重トレーニングを選ばない理由がありません。

十分細マッチョになれる

自重トレーニングは自分の体重しか使わないので、あまり身体が鍛えられないんじゃないのか?と心配になる方が多いですが、自重トレーニングでも十分細マッチョになることが可能です。

どこでもトレーニングできて、費用もかからないし、細マッチョになれる自重トレーニングはメリットだらけです。

自重トレーニングのデメリット

次は自重トレーニングのデメリットをみていきましょう。メリットばかりではなくデメリットも知っておくことが大切ですからね。

 

自重トレーニングのデメリット

  • 筋肉を追い込むのにコツがいる
  • ゴリマッチョになるのは厳しい

それぞれ詳しくみていきます。

筋肉を追い込むのにコツがいる

自重トレーニングは適当にやってしまうとあまり筋肉が追い込まれません。筋肉を追い込むにはある程度の慣れとコツが必要になってきます。

筋肉がどうやって鍛えられるかの基礎や効果的な筋トレの基礎を学ぶ姿勢が大切になってきます。

 

自重トレーニングでがむしゃらに筋トレをしても無駄になる可能性が高くなるので、追い込むコツを掴みましょう。

 

筋トレの押さえておきたい基礎知識
まずは筋トレとは?まず筋トレとは一体何なのだろうか?押さえておきたい筋トレの基礎知識をみていきましょう。
筋トレをするなら押さえておくべきトレーニングの効果を高める基礎知識
ただがむしゃらにトレーニングを行なってしまうと非効率的・非効果的なトレーニングになってしまいます。 筋トレ・トレーニングの効果を高めるには、筋肉がなぜ強化されるのか・筋トレをする目的や目標は何か・自分に適切な筋トレか・栄養を摂取してい...

ゴリマッチョになるのは厳しい

自重トレーニングは細マッチョになることは可能ですが、ボディビルダみたいなゴリマッチョになることは厳しいです。

ゴリマッチョのように筋肉を大きくするにはバーベルやマシンを使って筋肉に高負荷をかけないといけません。

 

細マッチョを目指すなら自重トレーニングがおすすめですが、ゴリマッチョを目指すならジムに行った方が確実に効率的になります。

 

バルクアップとは?バルクアップの方法と必要な知識を解説します!
アスリートや格闘家の方って身体が大きい方が多くて、憧れますよね。しかしどうやってバルクアップすればよいのかイマイチわからない…食べる量を増やして、体重を増やせばそれに伴って身体は大きくなっていきますが、これは正しいバルクアップではありません...

自重トレーニング初心者におすすめの筋トレメニュー

自重トレーニングを始めたいと思っている方におすすめの「とりあえずこれをやっておけば全身鍛えられるよ!」というメニューを紹介します。

迷ったらこの3つをこなせば細マッチョ・ボディメイクには困りません!

 

初心者におすすめ自重トレーニング

  • 腕立て伏せ
  • 腹筋
  • スクワット

それぞれのやり方をみていきましょう。

腕立て伏せ

筋トレの代表格と言っても過言ではない、腕立て伏せ。

腕立て伏せは胸・肩・二の腕を鍛えることができる自重トレーニングメニューです。

上半身を鍛えるなら間違いなく取り入れるべきメニューです。

 

腕立て伏せ(プッシュアップ)の正しいやり方!鍛えられる筋肉・注意点・バリエーション
腕立て伏せとは説明不要の筋トレオブ筋トレである、うつ伏せ状態で腕の力を使って身体を持ち上げるトレーニングメニュー。プッシュアップとも言われています。もはや知らない方はいないのではないかと言っても過言ではないでしょう。 しかし意外と鍛え...

腹筋

腹筋も腕立て伏せ同様に筋トレ代表格と言えるメニューです。

腹筋はお腹を鍛えることができる自重トレーニングメニューです。

お腹を鍛える基礎中の基礎のメニューですよ。

 

クランチ(腹筋)の正しいやり方!鍛えられる筋肉・注意点・バリエーション
クランチとは上半身を下半身に近づけて腹筋(腹直筋・腹斜筋)を鍛えることができる筋トレメニューのこと。お腹を引き締める・お腹を鍛えるなら確実に取り組むべき腹筋運動のことです。腹筋を鍛えることでシックスパックにする・ウエストにくびれを作ることが...

スクワット

スクワットは太ももをメインに鍛えることができるメニューです。

腕立て伏せ・腹筋に比べると少しフォームが難しかったりしますが、下半身を鍛えるメニューとしては最強でしょう。

 

自重スクワットで下半身を気軽に鍛える!やり方・注意点
自重スクワットとはスクワットを何も使わず自分の体重のみを使って行なう筋トレメニューのこと。膝を曲げて中腰の状態から膝を伸ばすことで、大腿四頭筋・ハムストリング・大臀筋を鍛えることができます。道具を使わないので自宅でも気軽にスクワットに取り組...

今すぐ自重トレーニングを始めよう!

自重トレーニングのメリットとデメリットがわかりましたね!

 

自重トレーニングのメリットとデメリットをまとめると

 

メリット

  • どこでもトレーニングができる
  • 費用がかからない
  • 十分細マッチョになれる

 

デメリット

  • 筋肉を追い込むのにコツがいる
  • ゴリマッチョになるのは厳しい

道具も費用もかからないので興味が少しでもあるなら、とりあえず今すぐにでも始めてみましょう!

タイトルとURLをコピーしました