パームカールでどこでも上腕二頭筋を鍛える!やり方・注意点

スポンサードリンク




パームカールとは自分の手で腕または手を押さえて、上腕二頭筋を鍛えることができる自重トレーニングメニュー。動作としてはダンベルカールなどに近いです。

道具は一切使わないので、自宅はもちろんのこと、座りながらでも行えることからいつでもどこでも上腕二頭筋を鍛えることができる筋トレです。

そこで今回はパームカールの正しいやり方・注意点・鍛えることができる筋肉を解説していきたいと思います。

まずはパームカールで鍛えることができる筋肉の位置を確認していきましょう。

パームカールは上腕二頭筋を鍛えることができる筋トレ

上腕二頭筋とはいわゆる、力こぶの部分にある筋肉です。パームカールはこの上腕二頭筋を鍛えることができるトレーニングメニューです。

たくましい力こぶを求めるなら上腕二頭筋を鍛えよう!反対に肘を伸ばすことで上腕三頭筋を鍛えることができるパームエクステンションもあります。

パームカールの正しいやり方

それではパームカールの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方で行わないとトレーニングの効果が半減したりするので、しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

パームカールの基本動作は

1.鍛える方の腕の手のひらを天井に向ける

2.反対の手で腕または手を押さえる

3.鍛える方の肘を曲げていく

4.肘を曲げるのを反対の手で押さえる

5.力を入れた状態をキープしながら、曲げたり戻したりをゆっくりと繰り返す

※右腕


パームカールを行う際の注意点

パームカールを行う際の注意点を確認していきましょう。

筋肉の力を抜かないようにするのがポイント

パームカールを行うときは常に上腕二頭筋に力が入っている状態をキープしましょう。上腕二頭筋の力が抜けてしまうと筋肉が休まってしまうので、トレーニングの効果が半減していまいます。

常に上腕二頭筋に力が入っている状態をキープしましょう。

ダンベルやマシンの負荷には劣る

パームカールは自分の腕の抵抗のみを使ったメニューですが、気軽にできる反面やはり自分の力だけでは限界があります。ある程度は鍛えることができますが、ダンベルやマシンによるトレーニングメニューに比べると負荷が弱いです。

そのため自分の目的や目標に応じて自重トレーニング・ダンベルやマシントレーニングを取り入れていくといいですね。パームカールはとくにリハビリなどにおすすめですよ。

気軽に上腕二頭筋を鍛えるならパームカールだね!

パームカールは自分の手のみを使った自重トレーニング。いつでもどこでもテレビをみながらでも気軽に上腕二頭筋を鍛えることができる筋トレということがわかりましたね。

自宅での筋トレを極めたいなら取り入れるべきメニューですね。

パームカールについてまとめると

  1. パームカールは上腕二頭筋を鍛えることができる
  2. 座りながらでも気軽にできる筋トレ
  3. ダンベルやマシンの負荷にはさすがに劣る
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1