ライイング・フレンチプレスで上腕三頭筋を刺激!正しいやり方と注意点

スポンサードリンク




ライイング・フレンチプレスとはフレンチプレスをトレーニングベンチに仰向けになった状態で行なうトレーニングメニューのこと。肘を伸ばすことで上腕三頭筋をメインに鍛えることができるメニューです。別名スカルクラッシャーとも呼ばれています。

トレーニングベンチに仰向けになってフレンチプレスを行なうことで、可動域を増やすことができるため上腕三頭筋への刺激を高めることができますよ。

そこで今回はライイング・フレンチプレスの正しいやり方・鍛えられる筋肉と注意点を解説していきたいと思います。

ライイング・フレンチプレスは「上腕三頭筋」をメインに鍛えることができる

ライイング・フレンチプレスは肘を伸ばす動作をすることで、「上腕三頭筋」をメインに鍛えることができます。上腕三頭筋を鍛えることで腕を太くすることができるので、腕を太く見せたいなら上腕三頭筋を鍛えましょう。

トレーニングベンチで仰向けになることでトレーニングの可動域を増やすことができるため筋肉への刺激をより一層高めることができるので、フレンチプレスのバリエーションとして覚えておくといいですね。

ライイング・フレンチプレスの正しいやり方

ライイング・フレンチプレスの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したりしてしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

ライイング・フレンチプレスの基本動作は

1.トレーニングベンチに仰向けになる

2.ダンベルまたはバーベルを持ち、肘を曲げて頭の位置で構える

3.肘の位置が動かないように肘を伸ばすようにウエイトを持ち上げていく

4.肘を伸ばしたら、ゆっくりと元の位置まで戻していく

5.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

ライイング・フレンチプレスを行なう際の注意点

ライイング・フレンチプレスを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になったりします。注意点を押さえておきましょう。

肘の位置が動かないように注意しよう

ライイング・フレンチプレスを行なうときは肘の位置が前後に動かないように固定した状態でウエイトを持ち上げていくようにしましょう。肘が前後に動いてしまうとターゲットである上腕三頭筋への刺激が逃げてしまい、トレーニングの効果が半減してしまいます。

肘の位置が動かないようにトレーニングして、効率的・効果的なトレーニングをしましょう。

ライイング・フレンチプレスで上腕三頭筋を攻める!

ライイング・フレンチプレスはフレンチプレスをトレーニングベンチに仰向けになった状態で行なうことで、可動域を増やすことができるためより一層、上腕三頭筋への刺激を高めたトレーニングメニューということがわかりましたね。

上腕三頭筋を鍛えることで腕を太くすることができるので、腕を太くしたいならライイング・フレンチプレスで攻めよう!

ライイング・フレンチプレスについてまとめると

  1. トレーニングベンチに仰向けになってフレンチプレスを行なうメニュー
  2. 可動域が増えるのでより一層筋肉を刺激できる
  3. 肘の位置が動かないように注意しよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1