スクワットをするときの目線は?まっすぐ前を向こう!

スポンサードリンク

スクワットをするときは目線が意外と大切です。スクワットでは姿勢がもっとも大切ですが、目線が下を向いたりすると背中が丸まったり、悪い姿勢になってしまいがちになります。

スクワットをするときはしっかりまっすぐ前を向くように気をつけましょう。




スクワットは目線が意外と大切!まっすぐ前を向こう!

(www.today.comより)

スクワットでは姿勢がとても大切です。しかし意外と大切なのが目線。

目線が下を向いてしまうと背中が丸くなってしまい、ケガをする可能性が高くなります

スクワットをするときは目線をまっすぐに前を向きながら行いましょう。

スクワットは筋トレの中でも筋トレBIG3と言われる、とりあえず筋トレで身体を引き締めたい!筋肉をつけたい!といった時に行うべきトレーニングメニューです。そこで今回はスクワットで鍛えられる筋肉とノーマルなスクワットから応用編までとスクワットのバリエーションを紹介していきたいと思います。

下を向いてスクワットをすると背中が丸くなりやすい!腰を痛めるよ

(www.alphachiro.phより)

スクワットは行う姿勢がとても大切ですが、目線を下げると背中も丸くなってしまいます。背筋をまっすぐにし、目線もまっすぐ前を向いた状態でスクワットを繰り返しましょう。

とくに何度もスクワットを繰り返し、辛くなってくると目線が下がってしまいがち。常にまっすぐを向いて、気を緩めないようにしましょう。

気が緩むと目線が下がったり、背中が丸くなってしまいますよ。

スクワット中は目線はまっすぐを意識しましょう

スクワットでは姿勢が大切なので、目線が下がると姿勢も悪くなってしまいやすくなります。

目線はまっすぐ前を向くように心がけましょう。ケガをしてしまうとせっかくのトレーニングが無駄になってしまいますからね。