プッシュアップバーは自重トレを強力にしてくれる!バーを使った筋トレメニューも紹介

スポンサードリンク




まずプッシュアップバーとは基本的には腕立て伏せをする際に使用するバーのことです。

このプッシュアップバーを使用することで可動範囲の増加、負荷の増加によって普通のプッシュアップ(腕立て伏せ)がより強力なトレーニングへと変化させることができます。

自重トレーニングをより強力にしたいなら外せないアイテムとなっています!

プッシュアップバーのメリットとプッシュアップバーの使い方、プッシュアップバーを使った筋トレメニューもみていきましょう。

 プッシュアップバーとは?自重トレを強力にするアイテム

プッシュアップバーとは腕立て伏せ(プッシュアップ)をする際に可動範囲を広げたり、負荷の増加による強力な自重トレーニングへと変化させてくれる筋トレグッズです。

様々なデザインの物がありますが、一般的にはこのような形。

(Amazon.co.jpより)

使い方は簡単。このバーを地面に置き、両手で握って通常通り腕立て伏せをするだけです。たったそれだけでなぜ通常の腕立て伏せよりも強力になるのでしょうか?

プッシュアップバーを使うと強力になる理由

プッシュアップバーを使用すると強力になる理由は

  1. 可動範囲の増加
  2. 筋肉への負荷の増加
  3. 手首への負荷が減る

この3つがあげられます。

プッシュアップバーが腕立て伏せをより強力にする理由を細かくみていきましょう。

1.可動範囲の増加

プッシュアップバーを使うことで可動範囲が増加します。何も使わない普通の腕立て伏せでは動かなかった筋肉を刺激することができるようになり、より一層効率よく筋肉を鍛えることが出来るようになる。

2.筋肉への負荷の増加

プッシュアップバーを使うことで、より深く上体を下げることができ、負荷の増加になります。

腕立て伏せの主なターゲットである、大胸筋や腕部分に強力な負荷をかけることができるので、通常のプッシュアップに慣れてきたらバーを使ってみるとさらなる進化に繋がりますよ。

3.手首への負担が減る

プッシュアップをすると手首への負担がかかってしまうことは避けられません。この場合の負担は悪い意味での負担が手首にかかります。

プッシュアップバーを使用することでターゲットである筋肉への負荷を増やしつつ、手首への負荷を軽くできる優れたアイテム。

プッシュアップバーを使った筋トレメニュー

プッシュアップ

ターゲット 回数
大胸筋

上腕三頭筋

15回×3セット

プッシュアップとはうつ伏せの状態から腕を伸ばして身体を持ち上げるトレーニングメニュー。動作としては普通の腕立て伏せと同じですが、プッシュアップバーを使用することによってより深く上体を下げることが出来るので、鍛えたい筋肉への負荷が高まります。

バーの幅としては肩幅より少し広めがベター。

またバーの幅をさらに広げることで大胸筋を広範囲に渡って鍛えられる腕立てのバリエーションとなるので試してみてください。

デクラインプッシュアップ(プッシュアップに高さをつけたver)

ターゲット 回数
大胸筋

上腕三頭筋

10回×3セット

デクラインプッシュアップとは足の位置を高くすることでさらに鍛えたい筋肉への負荷が高めたトレーニングメニュー。ベンチや椅子などを使って足を高い位置に持っていくだけでさらに強化される。

さらにバランスボールなら同時に体幹も鍛えられるので、体幹も鍛えたいなら試してみて!

リバースプッシュアップ

ターゲット 回数
上腕三頭筋(二の腕)

三角筋(肩)

広背筋(背中)

20回×3セット

リバースプッシュアップとはうつ伏せではなく仰向け方向でプッシュアップのような動作をすることで上腕三頭筋(二の腕)、肩、背中と鍛えられるメニューへと変化します。

何も使わない状態だとやりにくい動作なので、プッシュアップバーを使って試して頂きたいメニューです。

プッシュアップバーで最強の自重トレを

自重トレだとある程度鍛え上げることが可能ですが、やはり限界があります。

そこでプッシュアップバーを使うだけでバリエーションや負荷を増加、手首のケガのリスクを少なくすることができます。

おそらく自重トレでプッシュアップバーを使うことで最強の自重トレが行えるようになるのではないでしょうか?

スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1