ケーブルハンマーカールで上腕二頭筋長頭を攻めて腕を太くしろ!やり方・注意点

スポンサードリンク




ケーブルハンマーカールとはハンマーカールをケーブルマシンを使って行なうトレーニングメニューのこと。ケーブルマシンを使ってハンマーカールを行なうことで、可動域を増やす・負荷が逃げにくいというメリットがあります。

ハンマーカールのバリエーションの1つといてケーブルハンマーカールを覚えておくと、さらに上腕二頭筋長頭を鍛えることができますよ。

そこで今回はケーブルハンマーカールの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

ケーブルハンマーカールは「上腕二頭筋長頭」を鍛えることができる

ケーブルハンマーカールはケーブルマシンを使ってハンマーカールを行なうことで、可動域が増える・負荷が逃げにくいため、さらに「上腕二頭筋長頭」を刺激することができます。

上腕二頭筋長頭を鍛えることで腕が太くなるので、ケーブルハンマーカールでさらに腕を太くしよう!

ケーブルハンマーカールの正しいやり方

ケーブルハンマーカールの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したりしてしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

ケーブルハンマーカールの基本動作は

1.ケーブルマシンにロープアタッチメントを取り付ける

2.手のひらが向かい合うようにロープアタッチメントを握る

3.肘を少し曲げて、構える

4.肘の位置が動かないように肘を曲げて、ウエイトを持ち上げていく

5.肘を曲げっきたら、ゆっくりと肘を伸ばしてウエイトを下ろしていく

6.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

ケーブルハンマーカールを行なう際の注意点

ケーブルハンマーカールを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になったりします。注意点を押さえておきましょう。

肘の位置を動かさないようにウエイトを持ち上げよう

カール系トレーニング全般に言えることですが、ウエイトを持ち上げるときに肘の位置が動かないように意識しましょう。肘が動いてしまうと負荷が逃げてしまい、ターゲットである上腕二頭筋が刺激されません。

肘を動かないように意識しながら、肘を曲げてウエイトを持ち上げましょう。

ウエイトを下ろすときに肘を伸ばしきらないようにしよう

ウエイトを下ろすときに肘を完全に伸ばしきらないように意識しましょう。ウエイトを下ろすときに肘を伸ばしきってしまうと、上腕二頭筋に余計な負荷がかかってしまい、ケガの原因になってしまいます。

ウエイトを下ろすときは肘を伸ばしきらないで、少し曲がった状態で止めましょう。

ケーブルハンマーカールで腕を太くしろ!

ケーブルハンマーカールはハンマーカールをケーブルマシンを使って行なうことで、可動域を増やす・負荷が逃げにくくなるため、上腕二頭筋長頭をより一層刺激することができます。上腕二頭筋長頭を鍛えることで腕を太くすることができますよ。

ケーブルハンマーカールで腕を太くしよう!

ケーブルハンマーカールについてまとめると

  1. ケーブルマシンを使ってハンマーカールを行なうメニュー
  2. 可動域増加・負荷が逃げにくいためトレーニングの効果がアップする
  3. 肘を動かさないようにウエイトを持ち上げよう
  4. ウエイトを下ろすときに肘を完全に伸ばしきらないようにしよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1