筋肉部位別メニュー一覧

ダンベルリバースカールで上腕筋と腕橈骨筋を鍛えよう!やり方・注意点

ダンベルリバースカールとはダンベルを使ってリバースカールを行なう筋トレメニューのこと。順手でダンベルを握り、肘を曲げて持ち上げることで上腕筋と腕橈骨筋を鍛えることができます。比較的軽い重量でトレーニングを行なえることからフォームの確認・ある程度の筋力をつけるにはまずはダンベルリバースカールから始めるのがおすすめです。

リバースカールの正しいやり方!鍛えられる筋肉・注意点・バリエーション

リバースカールとはダンベルやバーベルを順手で握り、肘を曲げてウエイトを持ち上げることで上腕筋と腕橈骨筋を鍛えることができる筋トレメニューのこと。アームカール系の種目でダンベルカールをダンベルの持ち方を逆手ではなく順手で行なうとイメージするとわかりやすいでしょう。

プリーチャーカールマシンで上腕二頭筋を攻め込む!やり方・注意点

プリーチャーカールマシンとはプリーチャーカールを行なう専用のトレーニングマシンのこと。肘をパッドに乗せ、肘を曲げてウエイトを持ち上げることで上腕二頭筋を鍛えることができます。マシンを使うことで軌道が確保されているため負荷が逃げにくい・ワンタッチで重量を変更できるというメリットがあります。

シーテッドローイングマシンで広背筋と僧帽筋を攻める!やり方・注意点

シーテッドローイングマシンとはシーテッドローイングを行なう専用のトレーニングマシンのこと。マシンの椅子に座り、腕を伸ばした状態から肘を背中側に引くことで、広背筋と僧帽筋を鍛えることができます。背中を広範囲に鍛えることができる優れたトレーニングメニューですよ。

ケーブルシーテッドローイングで広背筋と僧帽筋を攻め込む!やり方・注意点

ケーブルシーテッドローイングとはケーブルマシンを使ってシーテッドローイングを行なう筋トレメニューのこと。ケーブルを肘を背中側に引くことで、広背筋と僧帽筋を鍛えることができます。背中をメインに鍛えることができますよ。ケーブルマシンを使うことで、可動域を増やせる・ケーブルの引き方によって鍛える筋肉を変えることができるというメリットがあります

自重ヒップアブダクションで中臀筋(お尻)を鍛える!やり方・注意点

自重ヒップアブダクションとはヒップアブダクションを道具を使わないで自分の体重だけを使った自重トレーニングメニューこと。地面に横向きに寝そべり、地面側ではない足を天井に向かって持ち上げていくことで中臀筋(お尻の上部)を鍛えることができます。中臀筋を鍛えることでヒップアップ・引き締め効果がありますよ。

ヒップリフトで大臀筋(お尻)を気軽に鍛えよう!やり方と注意点

ヒップリフトとは地面に仰向け状態で膝を立て、お尻を上げ下げする筋トレメニューのこと。お尻を持ち上げることで大臀筋をメインに鍛えることができます。道具を使わない自重トレーニングなので自宅でも気軽にお尻を鍛えることができます。

インクラインショルダープレスで三角筋前部を攻める!やり方・注意点

インクラインショルダープレスとはインクラインベンチを使ってショルダープレスを行なう筋トレメニューのこと。インクラインベンチを使ってショルダープレスを行なうことで、三角筋前部をメインに鍛えることができるメニューに変化します。

自重アダクションで内転筋(内もも)を気軽に鍛えよう!やり方・注意点

自重アダクションとは道具を使わないでアダクションを行なう筋トレメニューのこと。地面に横向きで寝そべり、地面側の脚を天井に向かって持ち上げることで内転筋(内もも)を鍛えることができます。太ももを引き締めたいなら自宅でも気軽に取り組める自重アダクションがおすすめです。

内転筋(内転筋群)の役割と機能!鍛え方・ストレッチ方法も解説

内転筋とは太ももの内側に位置する筋肉で、股関節を身体の内側に動かすときに機能しています。長内転筋・短内転筋・恥骨筋・薄筋を総称して内転筋群と呼びます。見た目の変化はもちろん、スポーツでも太ももを動かす動作に大きく関与しているため、パフォーマンスの向上をさせたいなら鍛えるべき筋肉です。

スポンサーリンク
1




1