ワイドプッシュアップで大胸筋をメインに鍛える!やり方・注意点

スポンサードリンク




ワイドプッシュアップとは両手を広く手をついて行う、腕立て伏せのバリエーションの1つ。通常よりも両手を広くつくことで、大胸筋を重点的に鍛えることができるトレーニングに変化します。

自分が鍛えたい筋肉をより一層刺激したいときに覚えておくと便利ですね。

そこで今回はワイドプッシュアップの正しいやり方・注意点・鍛えられる筋肉を解説していきたいと思います。

まずはワイドプッシュアップで鍛えることができる筋肉を確認していきましょう。

ワイドプッシュアップは大胸筋をメインに鍛えることができる

ワイドプッシュアップは通常の腕立て伏せより両手を広くつくことで、大胸筋をメインに鍛えることができるメニューに変化します。

通常の腕立て伏せでも大胸筋を鍛えることができますが、より一層大胸筋を刺激したいならワイドプッシュアップをやりましょう。

ワイドプッシュアップの正しいやり方

ワイドプッシュアップの正しいやり方を見ていきましょう。しっかり正しいやり方で行わないとトレーニングの効果が半減したり、狙った筋肉を刺激することができないので正しいやり方を押さえておきましょう。

ワイドプッシュアップの基本動作は

1.うつ伏せになり、両手を肩幅よりも広く地面につける

2.つま先を立てて、首からかかとまで真っすぐになるように構える

3.肘を曲げて、胸を地面に近づけていく

4.胸を地面に近づけていったら、ゆっくりと肘を伸ばしていく

5.これを繰り返す

※回数の目安としては10回~20回×3セットを目安に。物足りない場合は回数を増やしてみよう。

ワイドプッシュアップを行う際の注意点

ワイドプッシュアップを行う際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとトレーニングの効果が半減したりするので、せっかくのトレーニングを無駄にしないために注意点を押さえておきましょう。

肩幅よりも広く手をつこう

ワイドプッシュアップを行うときは両手を肩幅よりも広くつくことを意識しましょう。あまり広く両手を広げずに行ってしまうと通常の腕立て伏せと変わらなくなってしまいます。

基本的には両手を広げれば広げるほど、大胸筋の外側が鍛えられますよ。自分が鍛えたいと思う位置に合わせて、両手の幅を決めてみよう。

胸を地面に近づけるようにしよう

ワイドプッシュアップを行うときは胸を地面に近づけるようにしましょう。お腹や足が地面についてしまうと可動域が狭くなってしまったり、背中が丸くなってしまいがちになり、トレーニングの効果が半減してしまいます。

しっかり首からかかとまで真っすぐになるように意識して、胸を地面に近づけましょう。

大胸筋を鍛えるならワイドプッシュアップだね!

ワイドプッシュアップは手をつく位置を広くすることで、大胸筋をメインに鍛えることができるメニューということがわかりましたね。やり方も簡単。通常の腕立て伏せの手をつく位置を肩幅よりも広くするだけ。

大胸筋を重点的に鍛えたいならワイドプッシュアップですね!

ワイドプッシュアップについてまとめると

  1. ワイドプッシュアップは大胸筋をメインに鍛えることができるトレーニング
  2. 肩幅よりも広く手をつこう
  3. 胸を地面に近づけるように気をつけよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1