ウエストをピンポイントに引き締めるダイエット方法!スマートなお腹を手に入れろ!

スポンサードリンク




あなたはお腹を引き締めたいですか?引き締めたいですよね?じゃあ引き締めましょう!たるんだお腹は引き締めるためにあるといっても過言ではありません。いままで自信がなかったお腹を自信のあるお腹に変えて見返してやりましょう。

ウエストを引き締めるには腹直筋(お腹の真ん中部分)と腹斜筋(お腹横部分)を鍛えることが最も近道です。もちろん比較的簡単なメニューも紹介しますが、あっと言う間に!という甘い話はありません。継続と努力は絶対必要ですよ!

そこで今回はシックスパックで体脂肪率5%のめちゃめちゃ引き締まったお腹を手に入れている僕が解説する、ウエストをピンポイントに引き締めることができるダイエットメニューを解説していきます。

ウエストを引き締めたい!けどどうすればウエストは引き締まる?

ウエストを引き締めたいと願っている人は多くいると思います。でもどうやって引き締めることができるのかよくわからない!といった方もいるのではないでしょうか。確かにわかりませんよね。

そこでどうやってウエストは引き締まるのかを見ていきましょう。

腹直筋と腹斜筋を鍛えよう!

単刀直入に言いましょう。ウエストを最短で引き締めるには腹直筋(ふくちょくきん)と腹斜筋(ふくしゃきん)を鍛えましょう。この筋肉はお腹を覆っている筋肉で、鍛えることでウエストを絞ることができます。

腹直筋(ふくちょくきん)はお腹の真ん中部分にある筋肉です。ぽっこりお腹を解消するには腹直筋を鍛えるべきです。

腹斜筋(ふくしゃきん)はお腹の横部分にある筋肉です。横腹を引き締めたいなら腹斜筋を鍛えることがおすすめです。

腹直筋と腹斜筋をピンポイントに鍛えるトレーニングメニュー

腹直筋と腹斜筋を鍛えることがウエストを引き締めるために重要ということがわかりましたね。そこで腹直筋と腹斜筋をピンポイントに鍛えることができるトレーニングメニューをみていきましょう。

クランチ(腹直筋)

クランチとは地面に膝を立て仰向けになった状態で胸を膝に近づける筋トレメニュー。通称腹筋として多くの人に知られている腹直筋を鍛えるメニューです。

やはり腹直筋を鍛えるトレーニングの王道ということもあり、効果は高いです。まずはクランチを行って、腹直筋を鍛えましょう。

クランチのやり方
仰向けになり、膝を90度に曲げて立て、手を頭に添えるまたは胸の前で組む
下半身が動かないように、胸を膝に近づけるように上体を起こす
腹筋の力が抜けない程度に上体を起こしたら、ゆっくりと元に戻る
元に戻る際に背中が地面につかないようにする
これを繰り返す

回数の目安として20回1セットを1日に3セットほどを目安にトレーニングしましょう。

サイドクランチ(腹斜筋)

サイドクランチクランチを横方向にしたバージョン。体の横方向に向かって上体を起こすことで、腹斜筋をメインに鍛えることができます。

クランチサイドクランチをセットにして1日にトレーニングを取り入れましょう。

サイドクランチのやり方
横を向いた状態で、地面に寝そべる
右手を頭に沿え、左手は右側腹斜筋あたりに添えるか地面に置く
右肘をお尻に近づけるように腹斜筋を収縮させる
限界まで上体を起こしたら、ゆっくりと上体を下ろしていく
これを繰り返す

サイドクランチもクランチ同様に1セット20回ほどを1日に3セットほどを目安にトレーニングしましょう。

アブローラー(腹直筋)

アブローラーは通称腹筋ローラーといわれている腹筋を鍛える専用のトレーニンググッズ。見た目以上にかなりきつく、本気でお腹を引き締めたいなら1つは持っておくべきです!きついですが効果は抜群です。

本気でお腹を引き締めたいならアブローラーは持っておきましょう。

やり方としては膝をつける通称「膝コロ」と膝をつけない「立ちコロ」があります。まずは膝コロからはじめて、さらに本気で腹筋をバキバキにしたいなら立ちコロで腹筋を追い込みましょう。

アブローラー(膝コロ)

アブローラー(膝コロ)のやり方
膝を地面につき、うつ伏せ状態になる
アブローラーのバーをそれぞれ握り、構える
肘を伸ばした状態で、ローラーで膝を伸ばしながら、身体全体を前方に転がしていく
体重はバーに全体重を乗せるイメージ
前方まで転がりきったら、後方に戻していく
これを繰り返す

回数の目安としては10回1セットを3セットを目安にトレーニングしましょう。

アブローラー(立ちコロ)

立ちコロは膝コロの膝を浮かせた状態で行います。

マジできついんで、がんばりましょう!!

お腹を鍛えて引き締まったウエストを手に入れよう!

お腹を引き締めるには腹直筋腹斜筋を鍛えることが近道ということがわかりましたね。クランチサイドクランチアブローラーでガッツリ鍛えて引き締まったウエストを手に入れましょう!

まとめると

  • ウエストを最短で引き締めるには腹直筋と腹斜筋を鍛えよう
  • まずは自重トレーニングからはじめよう
  • 慣れてきたらアブローラーでさらに引き締めよう

スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1