V字ツイストクランチで腹斜筋(横腹)を攻める!やり方・注意点

スポンサードリンク




V字ツイストクランチとはV字クランチにひねりを加えた腹筋トレーニングメニュー。V字クランチにひねりを加えることで、腹斜筋下部をメインに鍛えることができるメニューに変化します。

腹斜筋下部を鍛えることで、シャープなウエストにすることができますよ。

そこで今回はV字ツイストクランチの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

まずはV字ツイストクランチで鍛えることができる筋肉を確認していきましょう。

V字ツイストクランチは腹斜筋下部をメインに鍛えることができる

V字ツイストクランチはV字クランチにひねりを加えることで、鍛え難い「腹斜筋下部」をメインに鍛えることができるメニューになります。

腹斜筋下部を鍛えることで、引き締まったシャープなウエストを作り上げることができますよ。

V字ツイストクランチの正しいやり方

V字ツイストクランチの正しいやり方を確認していきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したり、ケガの原因にもなる可能性があります。正しいやり方をしっかり把握しておきましょう。

V字ツイストクランチの基本動作は

1.仰向けになり、両手と両脚は真っ直ぐに伸ばす

2.右手と左足を近づけるように上体を起こしながら左足を上半身へ近づける

3.上体を起こして、お腹真上付近でひねりやすいように右手小指と左足小指をタッチする

4.タッチしたらまた元の状態へ戻す

5.次は逆に左手と右足を近づけるように上体を起こしながら右足を上半身へ近づける

6.上体を起こして、お腹真上付近でひねりやすいように左手小指と右足小指をタッチする

7.タッチしたら元の状態へ戻す

8.これを繰り返す

※10回~20回1セットを3セットほどのトレーニングを目安にしよう

V字ツイストクランチを行う際の注意点

V字ツイストクランチを行う際の注意点を確認していきましょう。間違った方法でトレーニングを行ってしまうとトレーニングの効果が半減・ケガの原因になります。注意点を押さえておきましょう。

ひねりを加えるように意識しよう

V字ツイストクランチをするときは、ひねりを加えることを意識しましょう。ひねりを加えないとV字クランチになってしまい、ターゲットである腹斜筋を刺激することができません。

しっかり上半身をひねることを意識しましょう。

手でつま先に触れよう

V字ツイストクランチでのコツとして、手でつま先に触れるようにすると、しっかり上体が持ち上がっている・足が上がっている・ひねりができている証拠です。

手でつま先に触れるようにするとV字ツイストクランチの質が高くなりますよ。

シャープなウエストを手に入れるならV字ツイストクランチ!

V字ツイストクランチはV字クランチにひねりを加えることで、腹斜筋下部をメインに鍛えることができる腹筋トレーニングメニューということがわかりましたね。

腹斜筋下部を鍛えることで、引き締まったシャープなウエストを作り上げることができますよ。

V字ツイストクランチについてまとめると

  1. 腹斜筋下部をメインに鍛えることができるメニュー
  2. しっかりひねりを加えて腹斜筋を刺激しよう
  3. 手でつま先に触れるように意識しよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1