V字クランチで腹直筋下部(下腹)を鍛える!やり方・注意点

スポンサードリンク




V字クランチとは自重クランチに足も持ち上げる動作を加えた腹筋トレーニングメニューのこと。クランチで足を上げる動作をすることで、普通の腹筋では鍛え難い腹直筋下部(下腹)を鍛えることができるメニューに変化します。

お腹を引き締めたいならV字クランチも加えるとさらに引き締めることができますよ。

そこで今回はV字クランチの正しいやり方・注意点・鍛えることができる筋肉を解説していきたいと思います。

まずはV字クランチで鍛えることができる筋肉を確認していきましょう。

V字クランチは腹直筋下部をメインに鍛えることができる

V字クランチは通常のクランチに足を持ち上げる動作を加えたメニュー。足を持ち上げることで、普通の腹筋では鍛え難い「腹直筋下部」をメインに鍛えることができます。

スリムなウエストを手に入れたいならV字クランチをトレーニングメニューに加えよう!

V字クランチの正しいやり方

V字クランチの正しいやり方を確認していきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したり、ケガの原因にもなる可能性があります。正しいやり方をしっかり把握しておきましょう。

V字クランチの基本動作は

1.仰向けになり、両手両足を伸ばす

2.ゆっくりと息を吐きながら上体を起こしながら、両脚も持ち上げて行く

3.V字になるように両腕と両脚を上げたら両手で爪先に触れる

4.触れたらゆっくり元の状態まで戻す

5.これを繰り返す

※10回~20回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう。

V字クランチを行う際の注意点

V字クランチを行う際の注意点を確認していきましょう。間違った方法でトレーニングを行ってしまうとトレーニングの効果が半減・ケガの原因になります。注意点を押さえておきましょう。

足をしっかり持ち上げよう

V字クランチをするときはしっかり両足を高く持ち上げましょう。あまり足を高く持ち上げないでトレーニングしてしまうと、普通のクランチと変わらなくなってしまい、トレーニングの効果が半減してしまいます。

両足を高く持ち上げるように意識しよう。

つま先を手でタッチしよう

V字クランチをするときはしっかり上体を起こして、つま先を手で触れるようにしましょう。そうすることで、腹直筋がしっかり収縮され、筋肉が刺激されるのでトレーニングの効果が高まりますよ。

お腹をさらに引き締めたいならV字クランチ!

V字クランチ自重クランチに足を持ち上げる動作を加えることで、鍛えにくい腹直筋下部(下腹)を鍛えることができる腹筋トレーニングメニューということがわかりましたね。

自重クランチで満遍なく腹直筋を鍛えつつ、V字クランチで下腹を鍛えて、さらに引き締まったウエストを手に入れよう!

V字クランチについてまとめると

  1. V字クランチは下腹をメインに鍛えることができる
  2. 足をしっかり持ち上げよう
  3. つま先を手でタッチしよう

スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1