アンダーグリップベントオーバーローイングで広背筋と上腕二頭筋を攻める!やり方・注意点

スポンサードリンク




アンダーグリップベントオーバーローイングとはベントオーバーローイングをアンダーグリップ(逆手)で行なうメニューのこと。アンダーグリップでベントオーバーローイングをすることで、上腕二頭筋広背筋がメインで鍛えることができるメニューに変化します。

ベントオーバーローイングでメインで鍛えたい筋肉を変化させたいときに覚えておくと便利ですね。

そこで今回はアンダーグリップベントオーバーローイングの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

アンダーグリップベントオーバーローイングは「上腕二頭筋」「広背筋」をメインに鍛える

アンダーグリップベントオーバーローイングはベントオーバーローイングを逆手で行うことで、「上腕二頭筋」「広背筋」をメインに鍛えることができるメニューに変化します。

ベントオーバーローイングのバリエーションとして覚えておけば、メインに鍛えることができる筋肉を変化させることができるので便利ですよ。

アンダーグリップベントオーバーローイングの正しいやり方

アンダーグリップベントオーバーローイングの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したりしてしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

アンダーグリップベントオーバーローイングの基本動作は

1.肩幅ほどに足幅を開き、逆手(手のひらが自分に見えるように)でバーベルを握る

2.首から腰までが真っすぐになるように構える

3.肘を引くようにバーベルを身体に引きつける

4.バーベルを引きつけたら、ゆっくりと腕を伸ばしていく

5.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

アンダーグリップベントオーバーローイングを行なう際の注意点

アンダーグリップベントオーバーローイングを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になったりします。注意点を押さえておきましょう。

しっかり身体までウエイトを引きつけよう

ウエイトを引きつけるときにしっかり身体に触れるぐらいまで引きつけましょう。ウエイトをあまり引きつけないでトレーニングをしてしまうと可動域が狭くなるため、トレーニングの効果が半減してしまいます。

身体にバーベルが触れるぐらいまでウエイトを引きつけよう。

背中が丸まらないように注意しよう

ベントオーバーローイング全般に言えることですが、アンダーグリップベントオーバーローイングをするときは背中が丸まった状態でトレーニングをしないように注意しましょう。背中が丸まった状態でトレーニングをしてしまうと、腰を痛めてしまいます。

首から腰までが一直線になるように意識してトレーニングしよう。

アンダーグリップベントオーバーローイングで上腕二頭筋と広背筋を攻める!

アンダーグリップベントオーバーローイングはベントオーバーローイングをアンダーグリップ(逆手)で行なうことで、上腕二頭筋広背筋をメインに鍛えることができるトレーニングメニューということがわかりましたね。

ベントオーバーローイングのバリエーションを覚えておけばメインで鍛えることができる筋肉を変化させることができるので、覚えておくと便利!

アンダーグリップベントオーバーローイングについてまとめると

  1. ベントオーバーローイングを逆手で行なうメニュー
  2. 上腕二頭筋・広背筋をメインに鍛えることができる
  3. しっかりウエイトを身体まで引きつける
  4. 背中が丸まらないように注意しよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1