ツイストクランチで腹斜筋を鍛える!やり方・注意点

スポンサードリンク




ツイストクランチとは自重クランチにひねりを加えた腹筋トレーニングメニューのこと。クランチにひねりを加えることで、腹斜筋を鍛えることができるメニューに変化します。

腹斜筋を鍛えることで、ウエストにくびれを作る・引き締めることができますよ。

そこで今回はツイストクランチの正しいやり方・注意点・鍛えることができる筋肉を解説していきたいと思います。

まずはツイストクランチで鍛えることができる筋肉を確認していきましょう。

ツイストクランチは腹斜筋をメインに鍛えることができる

ツイストクランチはクランチにひねりを加えたトレーニングメニュー。ひねりを加えることで腹斜筋をメインに鍛えることができます。

サブで腹直筋も鍛えることができるので、ウエストを引き締めたいなら確実に押えておきたいメニューですね。

腹斜筋を鍛えるとウエストにくびれをつくる・引き締めることができますよ。

腹斜筋を鍛えるとウエストを引き締めることができる

腹斜筋はお腹の横の部分にある筋肉。腹斜筋を鍛えることで、ウエストを引き締める効果があります。

ウエストを引き締めたい・くびれをつくりたいと思っているならツイストクランチでしょう

ツイストクランチの正しいやり方

ツイストクランチの正しいやり方を確認していきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したり、ケガの原因にもなる可能性があります。正しいやり方をしっかり把握しておきましょう。

ツイストクランチの基本動作は

1. 仰向けになり、手を頭に添え、片足を90度に曲げて浮かせ、もう片方はまっすぐにする

2.曲げて浮かせている足とは逆の肘(右足を曲げているなら左肘)を曲げている足に近づける、そして戻す

3.次は反対の足を曲げて、さきほどと逆の足と肘を近づける

4.これを繰り返す

ツイストクランチを行う時の注意点

ツイストクランチを行う際の注意点を確認していきましょう。間違った方法でトレーニングを行ってしまうとトレーニングの効果が半減・ケガの原因になります。注意点を押さえておきましょう。

しっかりひねる

ツイストクランチはひねりを加えることで腹斜筋を鍛えることができるメニューです。ひねりを加えないと通常のクランチと変わらなくなってしまいます。

ツイストクランチをするときはひねりを入れることを意識しましょう。

肘と膝を近づけるように腹斜筋を収縮させよう

ツイストクランチをするときは肘を膝を近づけるようにしましょう。しばしやってしまいがちなNG行為なのが、あまりにも狭い可動域でツイストクランチをしてしまうこと。狭い可動域だと腹斜筋が刺激されずトレーニングの効果が半減してしまいます。

肘と膝を近づけるようにすることで腹斜筋を収縮させやすくなるので、しっかり筋肉を収縮させることを意識しよう。

ウエストにくびれをつくる・引き締めるならツイストクランチ!

ツイストクランチは自重クランチにひねりを加えて、腹斜筋を鍛えることができる腹筋メニューということがわかりましたね。

腹斜筋を鍛えることで、ウエストにくびれをつくる・引き締めるという効果があるので女性に人気の高い筋肉です。そんなときはツイストクランチで腹斜筋を鍛えましょう!

ツイストクランチを行なう際の注意点

  1. ツイストクランチは腹斜筋を鍛えることができる
  2. しっかり横を向いて上体を持ち上げよう
  3. 肘を膝に近づけるように筋肉を収縮させよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1