チューブトランクローテーションで気軽に腹斜筋を鍛える!やり方・注意点

スポンサードリンク




チューブトランクローテーションとはトレーニングチューブを使ってリバーストランクツイストロータリートーソを行なう筋トレメニューのこと。上半身を横方向にひねってチューブを引くことで腹斜筋を鍛えることができます。トレーニングチューブを使えば自宅でも気軽に筋トレに取り組むことができますよ。

腹斜筋を鍛えることでウエストにくびれを作ることができます。上半身のボディメイクには欠かせない筋肉ですよ。

そこで今回はチューブトランクローテーションの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

チューブトランクローテーションは「腹斜筋」を鍛える

チューブトランクローテーションは上半身を横方向にひねってチューブを引くことで「腹斜筋」を鍛えることができます。腹斜筋を鍛えることでウエストにくびれを作る・ひねりの動作を強化することができます。上半身のボディメイクには欠かせない筋肉ですよ。


(Amazon.co.jpより)

腹斜筋を鍛えるメニューとして自重メニューであるリバーストランクツイスト、マシンを使ったロータリートーソがあります。

ステップとしてはリバーストランクツイスト→チューブトランクローテーション→ロータリートーソの順でステップアップするのがおすすめです。

チューブトランクローテーションの正しいやり方

チューブトランクローテーションの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減してしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

トレーニングの回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

(www.ultimatebodypress.comより)

チューブトランクローテーションの基本動作は

1.トレーニングチューブを壁やドアに取り付ける

2.チューブの両端を両手で握る

3.上半身をひねって構える

4.上半身を反対側にひねってチューブを引いていく

5.限界まで上半身をひねったら、ゆっくりと元の位置まで戻す

6.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

チューブトランクローテーションを行なう際の注意点

チューブトランクローテーションを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になってしまいます。注意点を押さえておきましょう。

ゆっくりとした動作でトレーニングしよう

(www.active.comより)

チューブトランクローテーションを行なうときはゆっくりとした動作でトレーニングしましょう。素早い動作でトレーニングをしてしまうと腰を痛める原因になってしまいます。

ケガのリスクを下げるためにゆっくりとした動作でトレーニングするように注意しましょう。チューブを戻すときに息を吸い、チューブを引くときに息を吐くように深呼吸を意識するといいですよ。

広い可動域を意識しよう

(www.skimble.comより)

上半身をひねった状態から反対側に限界までひねるように広い可動域を意識したトレーニングをしましょう。狭い可動域でトレーニングしてしまうと筋肉がしっかり刺激されません。

トレーニングの効果を最大限まで引き出すために広い可動域を意識したトレーニングをしましょう。

チューブトランクローテーションで気軽に腹斜筋を鍛えよう!

チューブトランクローテーションはトレーニングチューブを使ってリバーストランクツイストロータリートーソを行なうトレーニングメニューということがわかりましたね。上半身を横方向にひねってチューブを引くことで腹斜筋を鍛えることができます。

腹斜筋を鍛えることでウエストにくびれを作り上げることができます。上半身のボディメイクには欠かせない筋肉ですよ。

チューブトランクローテーションで気軽に腹斜筋を鍛えよう!

チューブトランクローテーションについてまとめると

  1. トレーニングチューブを使ってリバーストランクツイスト・ロータリートーソを行なうメニュー
  2. 腹斜筋を鍛えることができる
  3. ゆっくりとした動作でトレーニングしよう
  4. 広い可動域を意識しよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1