チューブリバースカールで上腕筋と腕橈骨筋を気軽に鍛える!やり方・注意点

スポンサードリンク




チューブリバースカールとはトレーニングチューブを使ってリバースカールを行なう筋トレメニューのこと。チューブを順手で握り、肘を曲げてチューブを引くことで上腕筋と腕橈骨筋を鍛えることができます。トレーニングチューブを使えば気軽に筋トレに取り組むことができますよ。

上腕筋は上腕二頭筋に覆われた筋肉で、腕橈骨筋は前腕の親指側に位置する筋肉です。腕を全体的に太くしたいならリバースカールで上腕筋と腕橈骨筋を鍛えるのがおすすめです。

そこで今回はチューブリバースカールの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

チューブリバースカールは「上腕筋」「腕橈骨筋」を鍛える

チューブリバースカールはチューブを順手で握り、肘を曲げてチューブを引くことで「上腕筋」「腕橈骨筋」を鍛えることができます。上腕筋は上腕二頭筋に覆われている筋肉で、腕橈骨筋は前腕の親指側に位置する筋肉です。上腕を太くしたい・前腕を太くしたいなら上腕筋と腕橈骨筋を鍛えることがおすすめです。


(Amazon.co.jpより)

リバースカールはダンベル・バーベルを使ったトレーニング方法が最もポピュラーです。ステップアップの順番としてはチューブ→ダンベル→バーベル→ケーブルマシンとステップアップするのがおすすめです。

まずはトレーニングチューブで気軽に筋トレに取り組むのがいいですね。場所も取らない・軽いことから1つ持っておけば便利です。

チューブリバースカールの正しいやり方

チューブリバースカールの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減してしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

トレーニングの回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

(www.bodylastics.comより)

チューブリバースカールの基本動作は

1.チューブの両端をそれぞれ順手で握る

2.チューブの真ん中を両足で踏み、押さえる

3.腕を伸ばして構える

4.肘の位置が動かないように注意して、肘を曲げてチューブを引いていく

5.肘を限界まで曲げたら、ゆっくりと元の位置まで戻す

6.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

チューブリバースカールを行なう際の注意点

チューブリバースカールを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になってしまいます。注意点を押さえておきましょう。

肘の位置が動かないように注意しよう

(Youtubeより)

チューブを引いていくときに肘の位置が動かないように注意しましょう。肘の位置が動いてしまうと負荷が逃げてしまい、トレーニングの効果が半減してしまいます。

肘の位置が動かないように肘を曲げてチューブを引くように注意しましょう。

広い可動域を意識しよう

(Youtubeより)

腕を伸ばした状態から肘を限界まで曲げるように広い可動域を意識しましょう。狭い可動域でトレーニングしてしまうとトレーニングの効果が半減してしまいます。トレーニングの効果を最大限まで引き出すために広い可動域を意識してトレーニングしましょう。

チューブリバースカールで気軽に腕を太くしよう!

チューブリバースカールはトレーニングチューブを使ってリバースカールを行なうトレーニングメニューということがわかりましたね。チューブを順手で握り、肘を曲げてチューブを引くことで上腕筋と腕橈骨筋を鍛えることができます。上腕筋は上腕二頭筋に覆われた筋肉、腕橈骨筋は前腕の親指側に位置する筋肉です。腕を太くしたいなら鍛えるべき筋肉です。

チューブリバースカールで気軽に腕を太くしよう!

チューブリバースカールについてまとめると

  1. トレーニングチューブを使ってリバースカールを行なうメニュー
  2. 上腕筋と腕橈骨筋を鍛えることができる
  3. 肘の位置が動かないように注意しよう
  4. 広い可動域を意識しよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1