チューブプルオーバーで大胸筋と広背筋を気軽に鍛える!やり方・注意点

スポンサードリンク




チューブプルオーバーとはトレーニングチューブを使ってプルオーバーを行なう筋トレメニューのこと。チューブを頭の位置から太ももの位置に引くことで大胸筋広背筋を鍛えることができます。プルオーバーは基本的にダンバル・バーベルを使ってトレーニングを行なうのがポピュラーな方法です。トレーニングチューブを使うことで気軽に筋トレに取り組むことができます。

トレーニングチューブは場所も取らない・軽いことから1つ持っておけば自宅でも簡単にトレーニングを行なうことができます。筋トレ初心者・女性・リハビリにおすすめですよ。

そこで今回はチューブプルオーバーの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

チューブプルオーバーは「大胸筋」「広背筋」をメインに鍛える

チューブプルオーバーが頭の位置から太ももの位置までチューブを引くことで「大胸筋」「広背筋」をメインに鍛えることができます。サブで上腕三頭筋を鍛えることができます。

大胸筋は胸部にある筋肉、広背筋は背中にある筋肉です。上半身のボディメイクを目指すならどちらも鍛えるべき筋肉ですよ。


(Amazon.co.jpより)

プルオーバーは主にダンベル(ダンベルプルオーバー)・バーベル(バーベルプルオーバー)を使って行なうのが最もポピュラーですが、トレーニングチューブを使うことで気軽に筋トレに取り組むことができます。場所も取らない・軽いことから1つ持っておけば便利ですよ。

チューブプルオーバーの正しいやり方

チューブプルオーバーの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減してしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

トレーニングの回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

立って行なうチューブプルオーバー

(examinedexistence.comより)

立って行なうチューブプルオーバーの基本動作は

1.トレーニングチューブをドアや壁に取り付ける

2.チューブの両端をそれぞれ両手に持つ

3.両手をバンザイをするように頭の位置で構える

4.チューブを太ももの位置まで引いていく

5.太ももの位置までチューブを引いたら、ゆっくりと元の位置まで戻していく

6.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

仰向けで行なうチューブプルオーバー

(Youtubeより)

仰向けで行なうチューブプルオーバーの基本動作は

1.トレーニングチューブをドアや壁に取り付ける

2.チューブの両端をそれぞれ両手に持つ

3.仰向けの状態になり、両手を胸の位置で構える

4.チューブを太ももの位置まで引いていく

5.チューブを太ももの位置まで引いたら、ゆっくりと元の位置まで戻す

6.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

チューブプルオーバーを行なう際の注意点

チューブプルオーバーを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になってしまいます。注意点を押さえておきましょう。

広い可動域を意識しよう

(Youtubeより)

頭の位置から太ももの位置までチューブを引くように広い可動域を意識しましょう。狭い可動域でトレーニングしてしまうと筋肉がしっかり刺激されません。筋肉をしっかり刺激するために広い可動域を意識しましょう。

チューブプルオーバーで気軽に上半身を鍛えよう!

(www.muscleinferno.comより)

チューブプルオーバーはトレーニングチューブを使ってプルオーバーを行なうトレーニングメニューということがわかりましたね。頭の位置から太ももの位置までチューブを引くことで大胸筋広背筋を鍛えることができます。プルオーバーはダンベル・バーベルを使ったトレーニング方法が最もポピュラーですが、トレーニングチューブを使うことで気軽に筋トレに取り組むことができます。

筋トレ初心者・女性・リハビリにもおすすめですよ。チューブプルオーバーで上半身を気軽に鍛えよう!

チューブプルオーバーについてまとめると

  1. トレーニングチューブを使ってプルオーバーを行なうメニュー
  2. 大胸筋と広背筋を鍛えることができる
  3. 広い可動域を意識しよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1