チューブハンマーカールで上腕二頭筋長頭を刺激!やり方・注意点

スポンサードリンク




チューブハンマーカールとはトレーニングチューブを使ってハンマーカールを行なう筋トレメニューのこと。チューブを手のひらが向かい合うように握り、肘を曲げてチューブを引くことで上腕二頭筋長頭を鍛えることができます。

ハンマーカールは基本的にはダンベルを使ったトレーニング方法が最もポピュラーです。トレーニングチューブは場所も取らない・軽いことからいつでもどこでも気軽に筋トレに取り組むことができます。

そこで今回はチューブハンマーカールの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

チューブハンマーカールは「上腕二頭筋長頭」を鍛える

チューブハンマーカールはトレーニングチューブを手のひらが向かい合うように握り、肘を曲げてチューブを引くことで「上腕二頭筋長頭」を鍛えることができます。

上腕二頭筋は力こぶと呼ばれている筋肉で、短頭と長頭の2種類で構成されています。長頭を鍛えることで腕を太くすることができます。短頭を鍛えるとコブの高さを出すことができます。腕を太くしたいなら上腕二頭筋長頭を鍛えましょう。


(Amazon.co.jpより)

ハンマーカールは基本的にはダンベルを使ってトレーニングするのが最もポピュラーです。トレーニングチューブは場所も取らない・軽いことからいつでもどこでも気軽に筋トレに取り組むことができます。筋トレ初心者・女性・リハビリにおすすめですよ。

チューブハンマーカールの正しいやり方

チューブハンマーカールの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減してしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

トレーニングの回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

(www.bodylastics.comより)

チューブハンマーカールの基本動作は

1.チューブの両端をそれぞれ両手で掴む

2.チューブの中心を両足で踏み、抑える

3.肘を少し曲げた状態で手のひらが向かい合うように構える

4.肘の位置が動かないように注意しながら、肘を曲げてチューブを引いていく

5.限界まで肘を曲げてチューブを引いたら、ゆっくりと元の位置まで戻していく

6.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

チューブハンマーカールを行なう際の注意点

チューブハンマーカールを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になってしまいます。注意点を押さえておきましょう。

肘の位置が動かないように注意しよう

(www.ibodz.comより)

チューブを引いていくときに肘の位置が動かないように注意しましょう。肘が動いてしまうと負荷が逃げてしまい、筋肉がしっかり刺激されません。筋肉をしっかり刺激するために肘の位置を動かさないように注意しながらトレーニングしましょう。

広い可動域を意識しよう

(www.bodylastics.comより)

肘を少し曲げた状態から限界まで肘を曲げるように広い可動域を意識しながらトレーニングしましょう。狭い可動域でトレーニングしてしまうと筋肉がしっかり刺激されません。筋肉をしっかり刺激し、トレーニングの効果を最大限まで引き出すために広い可動域を意識したトレーニングをしましょう。

チューブハンマーカールで上腕二頭筋長頭を気軽に鍛えよう!

(Youtubeより)

チューブハンマーカールはトレーニングチューブを使ってハンマーカールを行なうトレーニングメニューということがわかりましたね。チューブを手のひらが向かい合うように握り、肘を曲げてチューブを引くことで上腕二頭筋長頭を鍛えることができます。

ハンマーカールは基本的にはダンベルを使ったトレーニング方法が最もポピュラーですが、トレーニングチューブを使うことで自宅でも気軽に筋トレに取り組むことができます。筋トレ初心者・女性・リハビリにおすすめですよ。

チューブハンマーカールで気軽に上腕二頭筋長頭を鍛えよう!

チューブハンマーカールについてまとめると

  1. トレーニングチューブを使ってハンマーカールを行なうメニュー
  2. 上腕二頭筋長頭を鍛えることができる
  3. 肘の位置が動かないように注意しよう
  4. 広い可動域を意識しよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1