チューブバタフライでいつでも大胸筋を刺激しよう!やり方・注意点

スポンサードリンク




チューブバタフライとはトレーニングチューブを使ってダンベルフライバタフライマシンを行なう筋トレメニューのこと。腕を広げた状態から前方に向かって腕を閉じることで、大胸筋を鍛えることができます。トレーニングチューブを使えばいつでもどこでも気軽に筋トレをすることができますよ。

バタフライは基本的にはダンベルを使ったダンベルフライかマシンを使ったバタフライマシンが主なトレーニング方法です。トレーニングチューブは場所も取らない・軽いことから自宅でも大胸筋を鍛えることができるというメリットがあります。

そこで今回はチューブバタフライの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

チューブバタフライは「大胸筋」を鍛える


(Amazon.co.jpより)

チューブバタフライはトレーニングチューブの両端をそれぞれ両手に持ち、背中にまわした状態で両腕を広げ、前方に向かって閉じることで「大胸筋」を鍛えることができます。

大胸筋は胸部にある筋肉で、上半身のボディメイクには欠かせない筋肉です。腕を前に押す・腕を身体の内側に動かすときに働く筋肉です。スポーツのパフォーマンスを向上させるにも欠かせません。

バタフライはダンベルを使ったダンベルフライ、マシンを使ったバタフライマシンが最もポピュラーなトレーニング方法でしょう。トレーニングチューブは場所も取らない・軽いことから1つ持っておけば、自宅でも気軽に筋トレに取り組むことができますよ。

チューブバタフライの正しいやり方

チューブバタフライの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減してしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

トレーニングの回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

(www.stylecraze.comより)

チューブフライの基本動作は

1.チューブの両端をそれぞれ手で持つ

2.背中にチューブをまわし、両腕を伸ばして横に構える

3.両腕を閉じるように前方に向かってチューブを引いていく

4.腕を肩のラインまで引いたら、ゆっくりと元の位置まで戻していく

5.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

チューブバタフライを行なう際の注意点

チューブバタフライを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になってしまいます。注意点を押さえておきましょう。

ゆっくりとした動作でトレーニングしよう

(www.coreenergyfitness.comより)

チューブバタフライを行なうときはゆっくりとした動作でトレーニングをしましょう。素早い動作でトレーニングをしてしまうと負荷が逃げてしまい、しっかり筋肉が刺激されません。筋肉をしっかり刺激するためにゆっくりとした動作でトレーニングするように意識しましょう。

深呼吸をすることを意識するとリズムが取りやすいですよ。

広い可動域を意識しよう

(www.coachmag.co.ukより)

チューブバタフライを行なうときは腕を横に開いた状態から肩の位置までチューブを引くように広い可動域を意識したトレーニングをしましょう。狭い可動域でトレーニングしてしまうと、しっかり筋肉が刺激されません。せっかくのトレーニングの効果が半減してしまうため、広い可動域を意識しながらトレーニングをしましょう。

チューブバタフライで気軽に大胸筋を鍛えよう!

(www.muscleandfitness.comより)

チューブバタフライはトレーニングチューブを使ってダンベルフライバタフライマシンを行なうトレーニングメニューということがわかりましたね。腕を広げた状態から前方に向かって閉じることで大胸筋を鍛えることができます。

バタフライはダンベルフライバタフライマシンが基本的なトレーニング方法です。トレーニングチューブを使うことでいつでもどこでも大胸筋を鍛えることができますよ。

チューブバタフライで気軽に大胸筋を鍛えよう!

チューブバタフライについてまとめると

  1. トレーニングチューブを使ってバタフライを行なうメニュー
  2. 大胸筋を鍛えることができる
  3. ゆっくりとした動作でトレーニングしよう
  4. 広い可動域を意識しよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1