チューブベンチプレスで気軽に大胸筋を鍛えよう!やり方・注意点

スポンサードリンク




チューブベンチプレスとはベンチプレストレーニングチューブを使って行なうトレーニングメニューです。通常のベンチプレスはダンベルまたはバーベルを使って行なうのが一般的ですが、トレーニングチューブを使ってベンチプレスを行なうことが可能です。

トレーニングチューブを使えばいつでもどこでも大胸筋を鍛えることができます。トレーニングチューブを1つ持っておけば場所も取らない・軽いので、気軽に筋トレに取り組むことができますよ。

そこで今回はチューブベンチプレスの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点をみていきましょう。

チューブ・ベンチプレスは「大胸筋」を鍛えることができる

チューブ・ベンチプレスはベンチまたは床に仰向けになった状態で腕を天井に伸ばしていくことで、「大胸筋」を鍛えることができます。

通常のベンチプレスはダンベルまたはバーベルを使うので、ジムに通う必要があります。しかしトレーニングチューブを使えばいつでもどこでも自宅でも気軽に大胸筋を鍛えることができますよ。


(Amazon.co.jpより)

チューブ・ベンチプレスの正しいやり方

チューブ・ベンチプレスの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したりしてしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

トレーニング回数の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

チューブ・ベンチプレスの基本動作は

1.ベンチまたは身体でチューブの真ん中を押さえる

2.ベンチまたは地面に仰向けになる

3.チューブの両端をそれぞれ順手で持つ

4.両手を胸の前で胸を張って、構える

5.天井に向かって両腕を肘が伸びきる寸前まで伸ばしていく

6.肘が伸びきる寸前まで腕を伸ばしたら、ゆっくりと両腕を元に戻していく

7.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

チューブ・ベンチプレスを行なう際の注意点

チューブ・ベンチプレスを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になったりします。注意点を押さえておきましょう。

胸を張って腕を伸ばしていこう

チューブ・ベンチプレスを行なうときは胸を張って肩甲骨同士を寄せた状態にしてから、腕を伸ばしていきましょう。なぜ胸を張って肩甲骨同士を寄せるかというと、背中が丸まった状態で腕を伸ばしていくとターゲットである大胸筋が刺激されません。

大胸筋をしっかり刺激するために胸を張って肩甲骨同士を寄せた状態から両腕を伸ばすように意識しましょう。

肘が伸びきる寸前まで腕を伸ばそう

チューブ・ベンチプレスを行なうときは肘が伸びきる寸前まで腕を伸ばそう。なぜ肘が伸びきる寸前なのかというと、肘を伸ばしきってしまうと肘関節に余計な負荷がかかってしまい、ケガの原因になります。しかし肘をあまり伸ばさないと可動域が狭くなってしまい、トレーニングの効果が半減してしまいます。そこで肘を伸びきる寸前まで伸ばすことで、可動域を活かしつつ、怪我のリスクも下げることができます。

チューブ・ベンチプレスを行なうときは肘が伸びきる寸前まで両腕を伸ばすように意識しましょう。

チューブ・ベンチプレスで大胸筋を鍛えろ!

チューブ・ベンチプレスはベンチプレストレーニングチューブを使って行なうトレーニングメニューということがわかりましたね。トレーニングチューブを使うことでいつでもどこでも大胸筋を鍛えることができます。

トレーニングチューブを1つ持っておけばいつでもどこでも気軽に筋トレに取り組むことができますよ。

チューブ・ベンチプレスについてまとめると

  1. トレーニングチューブを使ってベンチプレスをするメニュー
  2. 大胸筋を鍛えることができる
  3. 胸の位置から腕を伸ばしていこう
  4. 肘が伸びきる寸前まで腕を伸ばそう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1