チューブアダクションで内転筋(内もも)を気軽に鍛えよう!やり方・注意点

スポンサードリンク




チューブアダクションとはトレーニングチューブを使ってアダクションを行なう筋トレメニューのこと。足を開いた状態から身体の内側に脚を動かすことで内転筋(内もも)を鍛えることができます。アダクションは基本的にはアダクションマシン・ケーブルマシン(ケーブルアダクション)を使うことが最もポピュラーなトレーニング方法です。トレーニングチューブを使えばいつでも気軽に筋トレに取り組むことができます。

トレーニングチューブは場所も取らない・軽いことからいつでも気軽に筋トレに取り組むことができます。筋トレ初心者・女性・リハビリにおすすめですよ。

そこで今回はチューブアダクションの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

チューブアダクションは「内転筋」を鍛えることができる

チューブアダクションは脚を開いた状態から脚を身体の内側に動かし、チューブを引くことで「内転筋(ないてんきん)」を鍛えることができます。内転筋は内ももに位置する筋肉で、脚を身体の内側に動かすときに働きます。太ももを引き締めるなら確実に鍛えるべき筋肉です。


(Amazon.co.jpより)

アダクションは基本的にはアダクションマシン・ケーブルマシン(ケーブルアダクション)が最もポピュラーなトレーニング方法でしょう。トレーニングチューブは場所も取らない・軽いことからいつでも気軽に筋トレに取り組むことができます。

1つ持っておくと便利ですよ!筋トレ初心者・女性・リハビリにもおすすめです。

チューブアダクションの正しいやり方

チューブアダクションの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減してしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

トレーニングの回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

(www.bodylastics.comより)

チューブアダクションの基本動作は

1.トレーニングチューブをドアや壁に取り付ける

2.アンクルストラップを足首に取り付ける

3.脚を広げた状態で構える

4.脚を身体の内側に向かって閉じていく

5.限界まで脚を身体の内側まで動かしたら、ゆっくりと元の位置まで戻す

6.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

チューブアダクションを行なう際の注意点

チューブアダクションを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になってしまいます。注意点を押さえておきましょう。

ゆっくりとした動作でトレーニングしよう

(running.competitor.comより)

チューブアダクションを行なうときはゆっくりとした動作でトレーニングをするように意識しましょう。素早く動かしてしまうと負荷が逃げてしまい、しっかり筋肉が刺激されません。しっかり筋肉を刺激するためにゆっくりと深呼吸をしながらトレーニングするように意識しましょう。

広い可動域を意識しよう

(www.coreenergyfitness.comより)

脚を広げた状態から限界まで脚を閉じるように広い可動域を意識しましょう。狭い可動域でトレーニングしてしまうと筋肉がしっかり刺激されません。しっかり筋肉を刺激するために脚を開いた状態から限界まで脚を閉じるように広い可動域を意識しましょう。

チューブアダクションで気軽に内ももを鍛えよう!

(Youtubeより)

チューブアダクションはトレーニングチューブを使ってアダクションを行なうトレーニングメニューということがわかりましたね。脚を開いた状態から身体の内側に脚を閉じることで内転筋(内もも)を鍛えることができます。太ももを引き締めたいなら欠かせない筋肉です。

アダクションは基本的にアダクションマシン・ケーブルマシン(ケーブルアダクション)が最もポピュラーなトレーニング方法でしょう。トレーニングチューブは場所も取らない・軽いことからいつでもどこでも気軽に筋トレに取り組むことができます。筋トレ初心者・女性・リハビリにもおすすめですよ。

チューブアダクションで気軽に内ももを鍛えよう!

チューブアダクションについてまとめると

  1. トレーニングチューブを使ってアダクションを行なうメニュー
  2. 内転筋を鍛えることができる
  3. ゆっくりとした動作でトレーニングしよう
  4. 広い可動域を意識しよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1