チューブアブダクションで気軽に中臀筋(お尻)を鍛えよう!やり方・注意点

スポンサードリンク




チューブアブダクションとはアブダクショントレーニングチューブを使って行なう筋トレメニューのこと。チューブアブダクションは両足を広げることで、中臀筋を鍛えることができます。

アブダクションは通常は自重トレーニング、アブダクションマシン、ケーブルマシン(ケーブルアブダクション)を使って行ないますが、トレーニングチューブで自重トレーニングでの強度を上げる・マシンの代用が可能です。

トレーニングチューブは場所も取らない・軽いので、いつでもどこでも気軽に筋トレに取り組むことができますよ。

そこで今回はチューブ・アブダクションの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

チューブ・アブダクションは「中臀筋」を鍛えることができる

チューブ・アブダクションは両足を広げることで、「中臀筋」を鍛えることができます。中臀筋を鍛えることで、ヒップアップ・お尻を引き締めることができますよ。


(Amazon.co.jpより)

アブダクションは基本的には自重トレーニング、アブダクションマシン、ケーブルマシン(ケーブルアブダクション)を使って行ないますが、トレーニングチューブを使って自重トレーニングの強度を高める・マシンの代用として行なうことができます。

トレーニングチューブは場所も取らない・軽いので、いつでもどこでも気軽に筋トレに取り組むことができますよ。

チューブ・アブダクションの正しいやり方

チューブ・アブダクションの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したりしてしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

トレーニング回数の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

チューブ・アブダクションは床に横になって行なう・チューブを壁に引っ掛けて立った状態で行なうという2つのパターンがあります。今回は床に横になって行なうパターンを紹介します。好みに合わせて使い分けるといいですね。

(Artposeより)

チューブ・アブダクションの基本動作は

1.床に横を向いて、寝そべる

2.すね付近にチューブを巻く

3.両足を伸ばして、構える

4.鍛えるお尻側の足を天井に向かって、持ち上げていく

5.限界まで足を持ち上げたら、ゆっくりと足を下ろしていく

6.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

チューブ・アブダクションを行なう際の注意点

チューブ・アブダクションを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になったりします。注意点を押さえておきましょう

ゆっくりとした動作でトレーニングを行おう

筋トレ全般に言えることですが、チューブ・アブダクションを素早い速度でトレーニングを行なってしまうと、筋肉が上手く刺激されません。また関節や筋肉に余計な負荷を与えてしまい、ケガの原因になってしまいます。

チューブ・アブダクションをするときはゆっくりと中臀筋の収縮を意識しながら行いましょう!

チューブ・アブダクションでいつでもどこでも中臀筋を鍛える!

チューブ・アブダクションはアブダクショントレーニングチューブを使って行なう筋トレメニューということがわかりましたね。両足を広げることで中臀筋を鍛えることができます。

アブダクションは基本的には自重トレーニング、アブダクションマシン、ケーブルマシン(ケーブルアブダクション)を使って行ないますが、トレーニングチューブで自重トレーニングの強度を高める・マシンの代用が可能です。トレーニングチューブは場所も取らない・軽いので、いつでもどこでも気軽に筋トレに取り組むことができますよ。

チューブ・アブダクションについてまとめると

  1. アブダクションをトレーニングチューブ使って行なう筋トレメニュー
  2. 中臀筋を鍛えることができる
  3. ゆっくりとした動作でトレーニングしよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1