こんなに簡単でいいの?ストレッチで気軽にダイエット!やり方・注意点

スポンサードリンク




あなたは簡単・気軽に痩せたいですか?僕は痩せたいです!笑 でもダイエットと聞くときつい食事制限・激しい運動そして挫折…というのがもはや定番の流れです。つまり続くダイエットをしなければ意味がありません。継続は力なりとはよく言われますが、ダイエットもそのひとつでしょう。つまりできるだけ簡単で続けやすいダイエットを選べばいいのです。

それでは本題に入りましょう。個人的に続くダイエットとはふとした瞬間にも実施できることが条件だと思います。そこでおすすめしたいのがストレッチダイエットです。

ストレッチダイエットとは筋肉を伸ばして身体の血行を良くして、身体の体温を上昇させて代謝を上げることで、消費カロリーを上げるというダイエット方法です。身体の体温が1度上昇すると代謝が約10%上昇すると言われています。ストレッチだけで痩せるのか?と疑問を抱いた方は体温が上昇すると代謝が上がるということを知らない方がほとんどでしょう。

そこで今回はストレッチダイエットのやり方・注意点を解説していきたいと思います。

ストレッチダイエットとは?

ストレッチダイエットとはストレッチを行い、筋肉を伸ばし、身体の体温を上昇させることで身体の基礎代謝を上げるというダイエット方法です。

人間の体温が1℃上昇すると実は約10%の基礎代謝(カロリー消費量)が上がるため、ストレッチで理論上痩せるということになります。ダイエットと聞くと激しい運動・きつい食事制限が思い浮かびますがこういった手軽なダイエットから始めるのがダイエット初心者には挫折しにくく、おすすめです。

ダイエットなにから始めようかな~と悩んでいるならまずはストレッチダイエットから始めてみませんか?

ストレッチダイエットが簡単な理由・痩せる理由

ストレッチダイエットが簡単な理由・痩せる理由をみていきましょう。

ストレッチダイエットは日常に取り入れやすい

ストレッチと聞くと複雑で難しい印象がありますよね。ストレッチダイエットは仕事中に肩や腕の筋肉を伸ばすといった初歩的なストレッチから始めるだけで十分なのです。これなら日常に取り入れやすく、いつでもストレッチに取り組むことができますね。

ストレッチをすると身体の代謝が良くなって痩せる

ストレッチをするだけで本当に痩せるのか?と疑問を抱いた方もいると思います。ストレッチをすると痩せる理由はストレッチをすると筋肉の血行が良くなり、身体の体温が上昇します。身体の体温が上昇すると基礎代謝が上がり、結果痩せるということです。

身体の体温が1℃上昇すると代謝が約10%上昇すると言われています。ストレッチで身体の代謝を上げて痩せよう!

ストレッチダイエットのやり方を解説!

それではストレッチダイエットのやり方を解説していきたいと思います。場面に応じたやり方をみていきましょう。

ストレッチの前に押さえておくべき知識

さぁストレッチを開始!の前に効率的に筋肉を伸ばして痩せやすくするための筋肉・ストレッチの基礎知識を押さえておきましょう。

筋肉が大きければ大きいほどストレッチすると身体が温まりやすい

身体にはいくつもの筋肉がありますよね。そこでストレッチダイエットを効率的に効果的に行うためにはできるだけ大きな筋肉を伸ばすことが重要です。なぜなら筋肉が大きければ大きいほどストレッチをすると身体が温まりやすいからです。

なぜ大きな筋肉をストレッチすると身体が温まりやすいかというと筋肉には無数の血管が通っています。つまり筋肉が大きければ血管の数が多くなり、そこでストレッチをして筋肉の血行をよくすると血管が多い分、効率的に代謝を上げることができるということです。

ストレッチをするなら大きな筋肉をストレッチするように意識しましょう。

ストレッチには動的ストレッチと静的ストレッチの2種類ある

ストレッチには実は2種類あり、動的ストレッチと静的ストレッチと呼ばれるものがあります。

動的ストレッチは反動をつけて伸ばした状態をキープしない何度も伸ばす動作を繰り返すストレッチ方法です。今から筋肉を動かすぞ!と準備運動の効果があるため、とくに運動前に行うと効果的です。

静的ストレッチは反動をつけないで伸ばした状態を約20秒ほどキープするストレッチ方法です。筋肉を休める効果があるので、とくに運動後に行うと効果的です。

つまり日中にストレッチするなら動的ストレッチ。寝る前などにストレッチするなら静的ストレッチがおすすめです。ストレッチダイエットは筋肉の血行をよくするという目的なので、どちらも筋肉の血行をよくする効果はあるので、時間や場面に応じて使い分けるといいでしょう。

こちらもおすすめ

動的ストレッチと静的ストレッチそれぞれの方法と効果

デスク編

まずはデスクで椅子に座っている状態でもできるストレッチをみていきます。デスクに座っているので、中心となる伸ばす筋肉は肩(三角筋)・首(僧帽筋)・背中(広背筋)の筋肉が基本となります。主に静的ストレッチの方法をみていきます。

ベッド編

次にベッドや床のうえでできるストレッチ方法をみていきます。ベッドや床では全身ストレッチを行うことができますが、上記で上半身のストレッチ方法をみたので、ここでは下半身を中心にストレッチしていきましょう。

中心となる伸ばす筋肉のは太もも(大腿四頭筋ハムストリング)・お尻(大臀筋)・ふくらはぎ(下腿三頭筋)の筋肉が基本となります。主に静的ストレッチの方法をみていきます。

ストレッチダイエットを行う際の注意点

ストレッチダイエットを行う際の注意点をみていきましょう。

急に体重が落ちるという激変は望めない

ストレッチダイエットは続けやすく・簡単という部分にフォーカスしているため、急激に体重が落ちて、結果がすぐに出るということは難しいです。しかし無理せず気軽にダイエットしたいという方にはおすすめですよ。

体重を落とすペースを上げたいなら、食事の制限や軽い運動を取り入れてみるのがいいでしょう。

こちらもおすすめ

超簡単!プロテインダイエットで健康的に減量!やり方・注意点

家でも気軽にできるダイエット効果の高い運動メニューまとめ!

すでにストレッチを取り入れているなら効果は薄い

日常で既にストレッチを取り入れている方がストレッチダイエットを行っても、効果はあまり期待できないでしょう。ストレッチダイエットはどちらかというととにかく続かない!できるだけ簡単に!といった方におすすめなダイエット方法です。

もしストレッチをすでに日常に取り入れていたり、日課としているなら、もちろんストレッチを続けつつ、さらにプラスで軽い運動や食事を気をつけるといったダイエットをステップアップさせるのがいいですね!

こちらもおすすめ

ローファットダイエットとは?脂質を制限するキツくないダイエット方法

筋トレ→ランニングの順番がダイエット効果あり!その理由は?

ストレッチダイエットで気軽にダイエットを始めよう!

ストレッチダイエットとは筋肉を伸ばすことで身体の血行を良くして、体温を上昇させ、身体の基礎代謝を上げることで痩せるというとっても簡単で続けやすいダイエット方法ということがわかりましたね。

仕事中のデスクに座っているときなどに肩や首の筋肉を伸ばすだけと日常にも取り入れやすく、簡単なので続けやすいです。ダイエットは激しい運動・きつい食事制限というイメージがあると思いますが、まずは簡単なストレッチダイエットから始めてみてはいかがでしょうか。

ストレッチダイエットについてまとめると

  • ストレッチダイエットとは筋肉を伸ばすことで体温を上昇させ代謝を上げるダイエット方法
  • 人間は1℃体温が上昇すると約10%基礎代謝(消費するカロリー)が上がる
  • 日常にも取り入れやすく続けやすいので挫折しにくい
  • 急に効果が現れにくいのでじっくり続ける必要がある
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1