ダイエット中にランニングの効果を最大限に発揮する方法

スポンサードリンク




ダイエットをするためにランニングを行なっている方は多いと思います。せっかくダイエットのためにランニングをしているならランニングの効果を最大限まで発揮したくはありませんか?ランニングのダイエット効果を発揮するには「20分以上継続して走る」「糖質を摂る」「ストレッチをする」ことが重要です。

せっかくダイエットのためにランニングをしているなら最大限に効果を発揮させたいはず。ダイエットの効果を高めるランニングは何を注意すればよいのかを具体的な方法を解説していきたいと思います。

なぜランニングはダイエットの効果があるのか

ランニングはなぜダイエットに適しているのでしょうか。

それはいわゆる「有酸素運動」による「脂肪燃焼効果」があるからです。筋トレなどの無酸素運動は基本的に脂肪燃焼が目的ではなく筋肥大が目的となるので脂肪燃焼を目的とする際には向いていません。

ウォーキングなどの軽い有酸素運動でも効果はないわけではありませんが、ランニングには及びません。もちろん自分の目的や続けやすさでウォーキングかランニングかを選ぼう。

ランニングの場合は筋肉の強化も同時に行えるため身体の代謝が上昇し、より痩せやすくなる。

脂肪燃焼をしつつ、痩せやすい身体へと変化させるランニングがダイエットに適している理由です。

ランニングの効果を最大限に発揮させる方法

ランニングの効果を最大限に発揮させる方法をみていきましょう。

ランニングするなら20分以上走ろう

ランニングを行なうなら20分以上継続して走りましょう。なぜ20分以上走る必要があるのかというと、それは体温が1~2度ほど上昇することで脂肪燃焼を促す、リパーゼという酵素が活性化します。

そのため20分以上継続してランニングすることによって脂肪燃焼の効果が発揮されやすくなるります。ランニングを行う場合は20分以上継続して走りましょう。

しっかり糖質(炭水化物)を摂取する

ランニングを行なう30分~1時間前に糖質を摂取しましょう。減量を目的としているのになぜ太る糖質を摂るのか?と疑問に思ったはずです。

ダイエットを行なっていると陥ってしまいがちなのが「糖質(炭水化物)を極端に摂取しない」という間違った方法です。

もちろん食べ過ぎは良くありませんが、食べなさ過ぎるとランニングを行なうスタミナすらなくなってしまうのです。ランニングは大量のエネルギーを必要とするので極端に糖質を摂取しないのは逆効果になってしまいます。

ランニングのエネルギーとなるのが糖質なので、ランニングをする30分~1時間前に糖質(炭水化物)を摂取して走るエネルギーを蓄えましょう。

特におすすめがバナナ。栄養価も高く、消化もされやすいのでランニングや筋トレ前などに摂取するとスタミナ切れになりにくいですよ。

ランニング後はストレッチを行う

ランニングをすることによって筋肉に老廃物が溜まっている状態になります。筋肉に疲労溜まった状態を放置すると疲れがとれにくく、また怪我にも繋がりやすいのです。運動後はストレッチを行ない、老廃物を流しましょう。

入浴も同時に効果的なので入浴後にストレッチを行なうことでさらにストレッチの効果を高めることができますよ。

 何よりも続けることが大切、無理して毎日ランニングする必要はない

短期的にランニングを頑張ってもほとんど意味がないといっていいです。

自分のペースで続けられる頻度で行なうことがベストと言えます。毎日走ろうと決意しても、あまりにも過酷だと続きません。ほどよい目標が続けるために必要です。

また毎日毎日休みなくランニングを行なってしまうと身体に疲労が溜まり、怪我や体調を崩しやすくなってしまう。筋肉を休めせることも必要なので無理に行う必要はありません。週に3~4回ぐらいがベストと言えます。最低でも週に1日は休憩日を設けよう!

しっかり栄養を摂取しつつ、自分のペースで

ランニングのダイエット効果を最大限に効果を発揮させるには「20分以上走る」「糖質をある程度摂る」「ランニング後はストレッチを行なう」「継続的にランニングする」ことが重要とわかりましたね。

ダイエットを行なっているからと極端に糖質を食べないとランニングを行なうスタミナがなくなってしまいます。また体調を崩しやすくなったりするのでしっかり栄養をしながら、自分の続けられるペースでランニングを日課にすることがベストなダイエット方法と言えます。

ウォーキングやランニングは続かなければほとんど意味がないので、無理な目標は立てず、長く続けられる目標を立てよう!

スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1