リバーストランクツイストで腹斜筋を攻め込む!やり方・注意点

スポンサードリンク




リバーストランクツイストとはヒップアップクランチで下半身を横にひねることで腹斜筋を鍛えることができる筋トレメニューのこと。クランチ(腹筋運動)のバリエーションの1つ。下半身の重みを筋肉へ与えることができるため自重トレーニングのなかでも高負荷をかけることができるメニューです。

腹斜筋を鍛えることでウエストにくびれを作る・ひねりの動作を強化することができます。ボディメイク・スポーツのパフォーマンス向上には欠かせない筋肉ですよ。リバーストランクツイストで腹斜筋を鍛えましょう。

そこで今回はリバーストランクツイストの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

リバーストランクツイストは「腹斜筋」を鍛える

リバーストランクツイストは地面に仰向けになり、下半身を地面から浮かせた状態で横方向にひねることで「腹斜筋」を鍛えることができます。腹斜筋を鍛えることでウエストを引き締めることができる・ひねりの動作を強化することができます。ボディメイク・スポーツのパフォーマンスを向上させるために鍛えるべき筋肉です。

腹斜筋を鍛えるトレーニングメニューはツイストクランチ・サイドクランチといくつかありますがリバーストランクツイストは下半身の重さを腹斜筋に与えることができることから自重トレーニングのなかでも高負荷を与えることができます。

リバーストランクツイストの正しいやり方

リバーストランクツイストの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したりしてしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

トレーニングの回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。


(ArtPoseより)

リバーストランクツイストの基本動作は

1.地面に仰向けになり、両手を身体の横でつく

2.両足を膝を曲げて浮かせる(足を真っ直ぐにすると負荷が増える)

3.足を横方向に向かって、ゆっくりと地面に近づけていく

4.地面につかないまで足を下ろしたら、反対側に足を横方向に足を下ろしていく

5.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

リバーストランクツイストを行なう際の注意点

リバーストランクツイストを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になったりします。注意点を押さえておきましょう。

地面に足をつけないように注意しよう

(Youtubeより)

足を地面に近づけるときに足が地面につかないように注意しましょう。足が地面についてしまうと筋肉が休まってしまい、負荷が逃げてしまいます。地面に足がつかないようにトレーニングを繰り返しましょう。

広い可動域を意識しよう

(Youtubeより)

リバーストランクツイストを行なうときは地面につかないほどにまで足を下ろすまで広い可動域を意識しましょう。狭い可動域でトレーニングをしてしまうと筋肉がしっかり刺激されないためトレーニングの効果が半減してしまいます。

トレーニングの効果を最大限まで引き出すために足を地面につかないギリギリまで足を下ろした広い可動域を意識しましょう。

リバーストランクツイストでウエストを引き締める・ひねりを強化しよう!

(Youtubeより)

リバーストランクツイストはヒップアップクランチで下半身を横方向にひねることで腹斜筋を鍛えることができるトレーニングメニューということがわかりましたね。クランチ(腹筋運動)のバリエーションの1つです。

腹斜筋を鍛えることでウエストを引き締める・ひねりの動作を強化することができます。ボディメイクを目指す・スポーツのパフォーマンスを向上させるならリバーストランクツイストで鍛えましょう。

リバーストランクツイストについてまとめると

  1. ヒップアップクランチで下半身を横方向にひねるメニュー
  2. 腹斜筋を鍛えることができる
  3. 足が地面につかなように注意しよう
  4. 広い可動域を意識しよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1