タンパク質が不足すると起こる悪い症状!思っているよりタンパク質は重要

スポンサードリンク




タンパク質が筋肉を育ててく上で絶対的に必要な栄養であることはすでに百も承知のはず。(プロテインの基礎知識)

タンパク質は実は筋肉だけでなく体のあらゆる細胞を作るために必要な栄養なのです。筋肉以外にも髪、爪、皮膚、骨、内蔵、そして神経伝達物質に至るまで様々な役割を担っています。タンパク質の摂取量が不足してしまうと体に悪影響を与えてしまいます。

タンパク質が不足する理由として、無理なダイエット・栄養の偏った食事などが一般的に挙げられます。人は1日に自分の体重×1.0gのタンパク質を摂ることを推薦されています。60kgの男性なら一日約60gのタンパク質を摂る必要があるのです。

筋肉を育てていくのはもちろん、健康に生活していくためにも、タンパク質の知識を今一度知っておいても損はないです。

そこで今回はタンパク質の重要性・1日に摂取すべきタンパク質量・タンパク質が不足すると起こってしまう悪い症状をみていきたいと思います。

タンパク質はあらゆる身体の細胞を作る重要な栄養素

人間の様々な細胞はタンパク質から作られています。タンパク質が不足すると細胞を作り出すことが難しくなってしまうので別の場所からタンパク質を借りてくることになってしまい、体が不調を訴えてしまいます

せっかくトレーニングで筋肉を大きくしているのにタンパク質が不足すると体が危険と判断し筋肉を分解して優先順位の高い細胞へとエネルギーを送ってしまうという現象が起こります。

結果筋肉は縮小してしまうという悲惨な結果に!

しかもタンパク質は体に貯蓄できないので毎日の食事から補っていく必要があります。そのためタンパク質の摂取を怠ってしまうと栄養不足となり悪影響を及ぼします。

つまり生きていく上でタンパク質は絶対に欠かせない栄養素ということ!

案外知らない1日に摂取すべきタンパク質の量

生命を維持する上でとても大切なタンパク質。ただこのタンパク質を人は1日にどれだけ摂取すればよいのかは意外と知られていないのではないのではないでしょうか。

まずは1日に摂取すべきタンパク質の量を知っておきましょう。

1日のタンパク質摂取量目安
トレーニングをする人 一般
体重×1.5~2.0=1日分のタンパク質 体重×1.0=1日分のタンパク質

仮にトレーニングのする60キログラムの成人の場合は約90g~120gのタンパク質を摂取すればいいという計算です。トレーニングしない場合でも最低約60gタンパク質を取る必要性があります。男女共に計算方法は同じです。

つまり最低でも自分の体重数字分(グラム)のタンパク質を摂取する必要があるということです。牛乳だけで換算するなら約2リットルほど毎日飲む必要があります。

毎日牛乳を2リットル飲むのは大変ですよね!でもそれだけタンパク質を摂取する必要があるなんて知らない方がほとんどなのでは?

タンパク質が不足すると起こってしまう症状

タンパク質の重要性がわかったところで、タンパク質が不足してしまうと起こってしまう症状をみていきましょう。

筋肉量の減少

無理なダイエットや時間がないといった理由で栄養バランスの偏りによって必要な分のタンパク質を摂取できなかった場合に、体がエネルギー不足(タンパク質不足)と判断して筋肉を分解し生命維持のために優先順位の高い細胞へとエネルギーを送るという現象が起こります。

タンパク質が不足すると筋肉を分解してしまい、筋肉は縮小してしまうのです。つまり筋肉が減っていきます。

筋肉量が減ってしまった結果、身体の基礎代謝が悪くなり、太りやすく痩せにくい体へとなってしまうのです。よく無理なダイエットをしてリバウンドを起こしてしまうというメカニズムは、筋肉が減ることによる基礎代謝の低下が原因の一つです。

せっかく痩せたのに無理なダイエットを行なったせいで、ダイエット前よりも体重が増加してしまっては意味がありません。さらには筋肉量が減っているせいで以前より太りやすく痩せにくい体へとなっているため元へ戻すことが難しくなってしまうという悪循環になります。

トレーニングをしているときはもちろん、ダイエットをしているときもタンパク質を欠かさず摂取して、タンパク質不足を避けましょう。栄養管理の大事なダイエットの一環ですよ!

肌・髪トラブル

皮膚はもちろん肌のハリやツヤを保つためのコラーゲンを作るためにも、タンパク質は必要なので、タンパク質が不足すると肌荒れや乾燥などのトラブルを招いてしまいます。

特に女性は耳を塞ぎたくなるシワなどの原因にもつながってしまうのです。

また髪はケラチンというタンパク質と亜鉛などのアミノ酸から合成される硬い細胞で、そのほとんどがケラチンで出来ている。つまりタンパク質不足になると髪の毛のハリ・コシがなくなる、枝毛、抜け毛といった髪に関係するトラブルを招くのです。

こちらも特に女性は気になるのではないでしょうか。

集中力低下・気持ちが不安定になる

タンパク質は神経伝達物質を作っています。つまりタンパク質が不足すると様々な気持ちを左右させる「ドーパミン、アドレナリン、セロトニン」などの神経伝達物質が不足してしまいます。

神経伝達物質が不足するとバイタリティを失ったり、マイナス思考、気持ちが落ち込む、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。

集中力が継続しない、すぐに疲れてしまうのはタンパク質不足による、神経伝達物質が不足しているのが原因かも知れませんよ。

怪我をしやすい・治りにくい

日常から慢性的にタンパク質が不足していると、筋力が低下したり骨が弱くなったりと転倒などで、すぐに怪我をしてしまう可能性が高まります。

普通なら筋肉でカバーして怪我をしにくい状態なのですが、タンパク質不足によって筋力が低下してしまうと、筋肉でカバーされにくくなってしまいます。またそれにともなって骨も弱くなれば怪我をするリスクは高まるばかりです。

そして皮膚を作るのもタンパク質が関係しているので切り傷や擦り傷などの軽傷であっても、回復するまでに時間がかかってしまいます。

免疫力の低下

免疫細胞を作っているのもまたタンパク質。免疫細胞の働きが弱くなってしまえば体の免疫力が低下してしまいます。つまり風邪や病気になりやすい体へとなってしまうのです。

体の働きに関係する酵素や免疫細胞は日々働いては消化し、また新たな細胞が作られるのを繰り返しています。

つまりタンパク質が不足するとこれらの免疫細胞などが作られないので、病気のリスクが高くなってしまいます。日頃からタンパク質を摂取してあげなければいけません。

毎日タンパク質を摂るのが大変!そんな時はプロテインが超おすすめ


(Amazon.co.jpより)

はっきり言って、毎日タンパク質を摂るのって大変です。タンパク質を多く含む飲み物として有名な牛乳だけで1日のタンパク質を摂ろうとしたら、毎日2リットルを飲まないといけない計算になります。これを毎日続けることはかなり厳しいです。

そこで良質なタンパク質を摂るためにはプロテインが超オススメです。

「でもボディビルダーやアスリートが飲むものでは?」と思われた方もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

健康を意識している方、ダイエットをしている方にもプロテインを是非おすすめしたいです。

プロテインは無駄な脂肪や糖質がほとんど含まれていないので、良質なタンパク質だけを摂ることができるのです。無駄なエネルギー摂取を抑える役割も果たしてくれる訳ですね。

タンパク質以外にも筋肉を作るため、健康を維持するために必要なビタミンやミネラルなどの必須アミノ酸も多く配合されているので、手軽に栄養を摂取できるプロテインは優れた栄養源となります。

プロテインには多くの種類がありますが、とりあえずプロテインを始めたいと言った方は「ホエイプロテイン」を買っておけば、ほぼ間違いありません。

迷ったらホエイプロテインを買いましょう。

ダイエット中こそプロテインを活用せよ!プロテインが強い味方になる

トレーニングをするなら絶対押さえておくべきプロテインの基礎知識

積極的にタンパク質を摂ろう

タンパク質が不足することのメリットはほとんどないと言えます。日頃からバランスの良い食事をすることはもちろんですが、タンパク質が不足することの恐怖を知っておけば一時の面倒といった気分で食事を摂らない、適当な食事を避けることができるのではないでしょうか?

筋肉を大きく育てていくのはもちろん、健康的な生活を送っていくにはタンパク質がとても重要です。

タンパク質を毎日摂りましょう!

タンパク質についてまとめると

  1. タンパク質は身体のあらゆる細胞を作るために必要
  2. 1日に最低でも自分の体重×0.001グラムのタンパク質を摂ることが推薦させれている
  3. タンパク源を摂るためにプロテインがおすすめ
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1