超簡単!プロテインダイエットで健康的に減量!やり方・注意点

スポンサードリンク




ダイエットをしていると栄養が偏ってしまったり、摂取すべき栄養がよくわからないですよね。しかも栄養が偏ると身体を壊したり、体調を崩しやすいのでせっかくダイエットしているのに体調不良でさらに苦しいです。そこでおすすめしたいのがやり方も簡単なプロテインダイエットです。

プロテインダイエットとはいつもの食事を少し減らして、食事を減らした分をプロテインに置き換えるという簡単なダイエット方法です。プロテインには文字通りタンパク質・ビタミン・ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれているため、ダイエット中に起こりがちな栄養の偏りを防ぐことができます。プロテインと聞くとムキムキのアスリートや筋トレしている人が飲むものだと思われがちですがそんなことはなく、むしろダイエットで痩せたい方や健康志向が高い方におすすめしたい飲み物なのです。プロテインがダイエットにおすすめの理由も詳しくみていきましょう。

そこで今回はプロテインダイエットのやり方・プロテインがダイエットにおすすめの理由・注意点を詳しく解説していきたいと思います。

プロテインダイエットとは?

まずはプロテインダイエットとは一体何なのかをみていきましょう。プロテインダイエットとは食事を少し減らして、食事を減らした分をプロテインを摂取するといったダイエット方法のことです。プロテインと聞くとアスリートや筋トレをしている方が飲むものだと思われがちですが、これは誤解です。なぜかというとプロテインには多くのタンパク質・ビタミン・ミネラルが含まれており、これらの栄養は人間が生きていくには必要な栄養素です。しかしダイエット中には食事が偏ったり、栄養バランスを考えた食事メニューを考えるのは大変です。

そこでプロテインで必要な栄養を補給しつつ、エネルギーに変わりやすいタンパク質(脂質の10倍エネルギーに変わりやすい)を摂取して無駄なエネルギーを身体にためにくくすることができることからプロテインダイエットは簡単で優れたダイエット方法ということです。

プロテインがダイエット中におすすめの理由

それではなぜプロテインがダイエット中におすすめなのか理由をみていきましょう。

ダイエット中に不足しがちなタンパク質・ビタミン・ミネラルを多く含む

ダイエット中の食事メニューはカロリーが低いものや食事メニューが偏ってしまいがちになります。カロリーが低いと栄養があまり含まれていないということになり、食事メニューが偏ると摂取できていない栄養素が出てくることになりますね。

そこで足りない栄養素をプロテインで気軽に補うことができます。ビタミンB・D・亜鉛・鉄分など限られた食材にしか含まれていない栄養素を気軽にプロテインから摂取することができます。

こちらもおすすめ

筋トレをするなら絶対押さえておくべきプロテインの基礎知識と種類

ダイエット中こそプロテインを活用せよ!プロテインが強い味方になる

タンパク質は1日に推薦されている摂取量が思ったより多い

意外と知られていないのが1日に推薦されている摂取すべきタンパク質の量が結構多いということです。体重×グラムが1日に推薦されているタンパク質の量で、もう少しわかりやすくすると体重60キロなら60グラムのタンパク質を摂取することになります。仮に体重60キロで60グラムのタンパク質を牛乳から摂取しようと思うと1日で「約2リットル」飲む必要があります。これはかなり大変だと想像が出来るかと思います。

そこでプロテインで気軽にタンパク質をとることができます。プロテインは1度に約20グラムのタンパク質を摂取することができるので、1日に朝昼晩と3回飲めば余裕でクリアすることができます。しかも食事もからもタンパク質は摂取できるため無理して3回プロテインを飲まなくても朝昼の2回プロテインを飲みつつ、食事をとるだけでも簡単にクリアすることができますね。

ところでなぜそこまでタンパク質が必要なのかというと、人間の身体のほとんどがタンパク質を素に作られています。髪・爪・皮膚・内蔵など様々細胞に必要なため、生きていくうえでタンパク質がとても重要なのです。

1日に摂取すべきタンパク質の量は意外と多いことを押さえておきましょう。

こちらもおすすめ

タンパク質が不足すると起こる悪い症状!思っているよりタンパク質は重要

タンパク質は脂質の10倍エネルギーとして代謝されるので身体にたまりにくい

タンパク質は脂質に比べるとなんと「10倍」エネルギーとして代謝させるため、身体に無駄な脂肪分としてたまりにくく、ダイエットにおすすめの栄養なのです。

もちろん脂質も身体に必要なエネルギーですが、あまりにも無駄に脂質をとってしまうとぜい肉となってしまい、ダイエットをしている方からするとこれは恐怖でしょう!笑

そこで脂っこいものを我慢してプロテインに置き換えればそれだけでダイエット効果は十分に望めるのですね。

プロテインダイエットのやり方を解説!

プロテインダイエットの詳しいやり方をみていきましょう。

いつもの食事を少し減らして減らした分をプロテインに置き換える

プロテインダイエットのやり方はいたって簡単です。いつもの食事を少し減らして、減らした分をプロテインに置き換えるだけです。例えばいつもはご飯を茶碗1杯食べていたのを2/3にして、その減らした分プロテインを飲むといったやり方です。プロテインは1杯約80kcal、ご飯は茶碗1杯約240kcalほどなのでこのご飯を2/3に減らせばだいたいプラマイゼロになります。

もちろんご飯だけではなく、揚げ物などさらに少しカロリーが高いものを減らしても大丈夫です。そしてプロテインを飲む回数も朝昼晩のうち1~3回と好みの回数に調整しましょう。回数が増えればプロテインを摂取できる量は増えますが、続かなかったら意味がないので自分が続けやすい回数にしましょう。

ほとんどのプロテインのパッケージにはカロリーが記載されているので、記載されたカロリー

を目安に食事を減らしましょう。

チェックポイント!

  1. 1回の食事で約80kcal分の量を減らす
  2. その減らした分プロテインを飲む!
  3. 1日にプロテインを飲む回数は好みの回数で大丈夫!決まりはない

プロテインの種類はソイプロテインがおすすめ!

プロテインにはいくつか種類があり、大きく分けて代表的な種類でホエイプロテインとソイプロテインの2種類があります。もちろんどちらもおすすめではありますが、とくにダイエットにおすすめなのがソイプロテインです。

なぜソイプロテインがダイエットに向いているかというと、ソイプロテインは大豆を原料に作られており、大豆には身体の代謝を上げる効果があります。代謝が上がると勝手に消費されるカロリーが増えるため、身体の引き締め効果があるということなのです。また女性に嬉しい、ホルモンバランスを整える効果もあるため、美容面でも役立ってくれますね。

そしてウエイトダウン(減量向け)プロテインというのもいろいろなメーカーから発売されているので、減量をしっかり頑張りたいと思うならウエイトダウンプロテインを選ぶといいでしょう。

チェックポイント!

  1. ダイエットに向いているのはソイプロテイン
  2. 大豆には代謝を上げる効果がある
  3. ホルモンバランスを整えてくれる効果もある

プロテインダイエットを行う際の注意点

プロテインダイエットを行う際の注意点をみていきましょう。

1日に摂取すべき総摂取カロリーを目安に食事メニューを考える

いつもの食事を減らして、その分プロテインを飲むだけの簡単なダイエット方法ですが、総合的にたくさんのカロリーを摂取してしまってはプロテインダイエットの効果は望めません。

ここで注意すべきは1日にどれだけのカロリーを摂取しているかが重要なポイントです。成人で1日に摂取すべきカロリーの目安は約2000kcalとなっていて、運動していたり、全く運動していない方によっては多少変化はありますが約2000kcalを目安にしましょう。

さらに言えば、人間は何もしなくてもカロリーを消費する基礎代謝というものがあり、何もしなくても平均約1500kcal消費すると言われています。

つまりこの基礎代謝量約1500kcal以下の1日総摂取カロリーを押さえれば理論上痩せていくということになります。一応頭に入れておきましょう。

プロテインダイエットで簡単にかつ健康的にダイエットをしよう!

ダイエットをしているときってバランスのとれた栄養を摂取するのって大変ですよね。ダイエットをしていると食事メニューが偏りがちで、食事メニューを考えるだけでも大変です。そこで食事メニューを少し減らして、食事を減らした分をプロテインに置き換えるプロテインダイエットです。やり方も簡単でバランスのとれた栄養摂取が実現できます。しかもタンパク質は脂質よりも10倍エネルギーになりやすいため、身体にたまりにくくダイエットにも向いているということがわかりました。

そしてプロテインの中でもソイプロテインという大豆からできているプロテインが身体の代謝を上げることからダイエットに向いていることがわかりましたね。

簡単で健康的に痩せられるプロテインダイエットを試してみよう!

プロテインダイエットについてまとめると

  • 意外にも1日に必要なタンパク質は体重×グラム(60キロなら60グラム必要)
  • プロテインは1度で約20グラムのタンパク質を摂取できる
  • プロテインにはダイエット中に不足しがちなビタミンやミネラルを多く含む
  • プロテインダイエットは食事メニューを少し減らしてプロテインに置き換えるだけ
  • 1日に摂取すべき総カロリー(成人約2000カロリー)を目安に食べる量を考えよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1