プリーチャーカールマシンで上腕二頭筋を攻め込む!やり方・注意点

スポンサードリンク




プリーチャーカールマシンとはプリーチャーカールを行なう専用のトレーニングマシンのこと。肘をパッドに乗せ、肘を曲げてウエイトを持ち上げることで上腕二頭筋を鍛えることができます。マシンを使うことで軌道が確保されているため負荷が逃げにくい・ワンタッチで重量を変更できるというメリットがあります。

マシンを使うことでフォームの取得が比較的簡単なため筋トレ初心者にもおすすめのトレーニング方法です。プリーチャーカールを始めるならまずはプリーチャーカールマシンを使いましょう。

そこで今回はプリーチャーカールマシンの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

プリーチャーカールマシンは「上腕二頭筋」を鍛える

プリーチャーカールマシンは肘をパッドに乗せ、肘を曲げてウエイトを持ち上げることで「上腕二頭筋」を鍛えることができます。上腕二頭筋は通称力こぶと呼ばれている部位で、腕を太くするなら確実に鍛えるべき筋肉です。

プリーチャーカールにはダンベル・バーベルを使ったプリーチャーダンベルカール・プリーチャーバーベルカールがポピュラーなトレーニング方法です。マシンを使うことで軌道が確保されていることからプリーチャーカールマシンは筋トレ初心者におすすめなトレーニング方法です。

プリーチャーカールマシンが設置されているジムは数少ないですがプリーチャーカールマシンが設置されているなら取り組んでみましょう。

プリーチャーカールマシンの正しいやり方

プリーチャーカールマシンの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したりしてしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

トレーニングの回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

プリーチャーカールマシンの基本動作は

1.マシンの椅子を肘をパッドに乗せたときに少し曲げるほどにセットする

2.マシンの椅子に座り、肘をパッドに乗せる

3.ハンドルを順手で握って肘を少し曲げた状態で構える

4.肘を曲げてウエイトを持ち上げていく

5.肘をいっぱいまで曲げたら、ゆっくりと元の位置まで戻していく

6.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしましょう

プリーチャーカールマシンを行なう際の注意点

プリーチャーカールマシンを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になったりします。注意点を押さえておきましょう。

肘を伸ばしきらないように注意しよう

プリーチャーカールマシンを行なうときは肘を完全に伸ばした状態にしないように注意しましょう。なぜ肘を伸ばしきらないかというと肘を完全に伸ばしきると肘関節・上腕二頭筋へ余計な負荷を与えてしまい、ケガの原因になってしまいます。

ケガを避けるために肘を伸ばしきらないように常に肘を少し曲げた状態でトレーニングしましょう。

広い可動域を意識しよう

プリーチャーカールマシンを行なうときは肘を少し曲げた状態から限界まで肘を曲げていくように広い可動域を意識しましょう。狭い可動域でトレーニングしてしまうと筋肉がしっかり刺激されないためトレーニングの効果が半減してしまいます。

トレーニングの効果を最大限まで引き出すために肘を少し曲げた状態から限界まで肘を曲げてしっかり筋肉を刺激しましょう。

プリーチャーカールマシンで上腕二頭筋を攻め込もう!

(Youtubeより)

プリーチャーカールマシンはプリーチャーカールを行なう専用のトレーニングマシンということがわかりましたね。肘を曲げるようにウエイトを持ち上げることで上腕二頭筋を鍛えることができます。マシンを使うことで軌道が確保されている・負荷が逃げにくい・ワンタッチで重量を変更できるというメリットがあります。

プリーチャーカールマシンが設置されているジムは数少ないですが設置されているならば、プリーチャーカールを始めるならまずはプリーチャーカールマシンから始めるのがおすすめですよ。

プリーチャーカールマシンについてまとめると

  1. プリーチャーカールを行なう専用のトレーニングマシン
  2. 上腕二頭筋を鍛えることができる
  3. 肘を伸ばしきらないように注意しよう
  4. 広い可動域を意識しよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1