筋トレ→ランニングの順番がダイエット効果あり!その理由は?

スポンサードリンク




筋トレとランニングなどの有酸素運動のどちらも取り入れている方が1度は疑問に思ったことがあるのが、「筋トレとランニングどっちから先にすればいいの?」という疑問です。

結論から言いますと、筋トレ→ランニングの順番がおすすめです。

それでは今回は「筋トレとランニングどちらから先にすればいいのか?」という疑問を理由とともに解説していきたいと思います。

筋トレ→ランニングがおすすめ!その理由は?

結論から言ってしまうと、「筋トレ→ランニング」の順番がダイエット効果が高いと言えます。その理由を詳しく見ていきましょう。

筋トレをすると脂肪燃焼効果のある成長ホルモンが働く

そもそも筋トレをすることで身体の筋肉量が増えるため、何もしなくてもカロリーを消費してくれる基礎代謝を増やすことができます。そのため筋トレはダイエットを目的としているならば行うべきトレーニングということなのですが、筋トレ自体にも実はダイエット効果がある理由があります。

実は筋トレをすることで、脂肪燃焼効果のある成長ホルモンが分泌されます。とくにこの成長ホルモンは力を入れたりすると分泌されるホルモン。筋トレを行うとより多くの成長ホルモンが分泌されるます。

しかし成長ホルモン自体にも脂肪燃焼を促す働きはあるものの、筋トレだけではその効果は少々薄いです。そのためこの成長ホルモンが分泌された状態で、ランニングなどの有酸素運動を行うことで、より一層脂肪燃焼効果が望めるという理由です。

ランニングをするとリパーゼという脂肪燃焼酵素が働く

ランニングが脂肪を燃焼してくれるということは有名ですが、ランニングなどの有酸素運動をすることで、リパーゼという酵素が働くということはあまり知られていないかもしれません。

このリパーゼという酵素は脂肪燃焼を促す効果があり、ランニングなどの有酸素運動をすることで、身体が暖まり、体温が上昇することで働いてくれます。

しかしこのリパーゼが働くまでには有酸素運動を始めてから15分~20分ほどの時間がかかるため、短時間の有酸素運動では効果が薄くなってしまいます。

そこで筋トレを先に行うことで、身体が温まっている状態からランニングを始めるので、リパーゼの働くまでの時間を短縮できるというメリットがあるのです。

ダイエット中にランニングの効果を最大限に発揮する方法

筋トレ→ランニングで脂肪燃焼が加速する!

筋トレをすることで脂肪燃焼効果のある成長ホルモンが分泌されます。そしてランニングで身体を温めることでリパーゼという脂肪燃焼効果のある酵素が働きます。

つまり筋トレで脂肪燃焼をしやすい状態を作り、ランニングで脂肪燃焼をさせつつ、リパーゼが活性化することで、さらに脂肪を燃焼させてくれる…という相乗効果が望めるのです。

成長ホルモン×リパーゼの相乗効果がランニングなどの有酸素運動をしたときに脂肪燃焼をさらに効果の高いものにしてくれるということが、「筋トレ→ランニング」がダイエット効果を高めてくれる明確な理由です。

ランニング→筋トレはスタミナ切れを起こしやすい

それでは「ランニング→筋トレはやってはいけないのか?」と思われた方もいるかもしれません。いいえ、決してランニングから先にやってはいけないという理由はありませんが、あまりおすすめしない理由はあります。

なぜならランニングを先にやってしまうと筋トレをするまでの体力・集中力が切れてしまい、筋トレでオールアウト(追い込み)ができず、筋トレの効果が半減してしまうということにしばしなりがちです。

筋トレ前にウォーミングアップ程度の有酸素運動はおすすめですが、例えば30分~1時間などの長距離を走ってからの筋トレは体力・集中力が切れている状態なので、筋トレの効果を下げてしまいますので、とくにこだわりがない場合はあまりおすすめはしません。

ダイエットを目的としているならランニングを多めにするのがおすすめ

もし筋肥大などを目的としている場合は筋トレに多くの時間を費やすべきですが、ダイエットを目的としている場合は、筋トレである程度筋肉を刺激してから、ランニングの時間を多く取るのがおすすめです。筋トレよりもランニングの方が脂肪燃焼を目的としている場合は効果が高いのが事実。

つまり「筋トレ→ランニング」の順番でトレーニングすることで、成長ホルモンを分泌させつつ、体力もしっかり残っている状態でのランニングでしっかり脂肪燃焼させることができますよ。

筋トレ→ランニングで脂肪を燃焼させよう!

筋トレとランニングをどちらも取り入れている場合は「筋トレ→ランニング」の順番がダイエット効果を高めることがわかりましたね。

決してランニングから始めることはダメということはありませんが、ランニングで追い込んでから筋トレという流れだと、しばしスタミナ切れが起こってしまい、筋トレではオールアウト(追い込み)ができず、筋トレの効果が半減してしまいがちです。

そういった理由からも「筋トレ→ランニング」の順番がおすすめですね。

筋トレで脂肪燃焼をさせやすい身体にしてから、ランニングで脂肪燃焼をするというのが理想ですね!

スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1