マシンカーフレイズで下腿三頭筋を攻めろ!やり方・注意点

スポンサードリンク




マシンカーフレイズとはトレーニングマシンを使ってカーフレイズを行なう筋トレメニューのこと。今回はレッグプレスマシンを使ってカーフレイズを行なうメニューを解説していきたいと思います。つま先を伸ばしてウエイトを持ち上げることで、下腿三頭筋(かたいさんとうきん)を鍛えることができます。

マシンを使うことで負荷が逃げにくい・可動域が増える・ワンタッチで重量を変更できるというメリットがあります。ふくらはぎを追い込みたい・強化したいならマシンカーフレイズを行ないましょう。

そこで今回はマシンカーフレイズの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

マシンカーフレイズは「下腿三頭筋」を鍛えることができる

マシンカーフレイズはつま先を伸ばしてウエイトを持ち上げることで、「下腿三頭筋(かたいさんとうきん)」を鍛えることができます。ふくらはぎを引き締めたい・つま先を伸ばす動作を強化したいなら下腿三頭筋を鍛えましょう。

カーフレイズは基本立って行なうメニューです。レッグプレスマシンを使ってカーフレイズを行なうことで、負荷が逃げにくい・可動域が増える・ワンタッチで重量を変更できるというメリットがあります。自重カーフレイズダンベルカーフレイズに慣れてきたら、マシンカーフレイズにステップアップしよう。

マシンカーフレイズの正しいやり方

マシンカーフレイズの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したりしてしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

トレーニングの回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

マシンカーフレイズの基本動作は

1.レッグプレスマシンに座る

2.つま先を足の台に乗せる

3.膝を伸ばして、構える

4.かかとを浮かせるように、ウエイトを持ち上げていく

5.かかとを限界まで伸ばしたら、ゆっくりとかかとを下ろしていく

6.かかとを下ろしたら、またつま先を伸ばしてウエイトを持ち上げていく

7.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

マシンカーフレイズを行なう際の注意点

マシンカーフレイズを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になったりします。注意点を押さえておきましょう。

広い可動域を意識しよう

マシンカーフレイズを行なうときはつま先をしっかり下ろして、限界までかかとを浮かせて広い可動域を意識してトレーニングしましょう。狭い可動域でトレーニングしてしまうとせっかくのトレーニングの効果が半減してしまいます。

かかとをしっかり下ろしてつま先を限界まで伸ばす広い可動域を意識したトレーニングを行ないましょう。つま先だけを台に乗せることで可動域を増やすことができますよ。

適切な重量を扱おう

(Youtubeより)

マシンカーフレイズはマシンを使うことでワンタッチで重量を変更することができます。しかしあまりにも高重量でトレーニングしてしまうと筋肉へ負荷がかかりすぎてしまい、ケガの原因になってしまいます。

ケガをしないように適切な重量でトレーニングしましょう。目安としては10回前後の反復で限界を迎える重量にしましょう。

マシンカーフレイズで下腿三頭筋を追い込もう!

(Youtubeより)

マシンカーフレイズはマシンを使ってカーフレイズを行なう筋トレメニューということがわかりましたね。今回はレッグプレスマシンを使って行なうメニューを紹介しました。

つま先を伸ばしてウエイトを持ち上げることで、下腿三頭筋を鍛えることができます。ふくらはぎを引き締めたい・つま先を伸ばす動作を強化したいならマシンカーフレイズで下腿三頭筋を追い込みましょう。マシンを使うことで可動域が増える・負荷が逃げにくい・ワンタッチで重量を変更できるというメリットがありますよ。

マシンカーフレイズについてまとめると

  1. マシンを使ってカーフレイズを行なうメニュー(今回はレッグプレスマシン使用)
  2. 下腿三頭筋を鍛えることができる
  3. 広い可動域を意識してトレーニングしよう
  4. 適切な重量でトレーニングしよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1