ライイング・リアレイズで三角筋後部を攻めろ!正しいやり方と注意点

スポンサードリンク




ライイング・リアレイズとはトレーニングベンチにうつ伏せの状態になり、リアレイズを行なうトレーニングメニューです。トレーニングベンチにうつ伏せになることで、身体の反動が使えなくなるので集中して三角筋後部を鍛えることができます。

三角筋後部を鍛えることで肩に丸みを作ることができますよ。

そこで今回はライイング・リアレイズの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

ライイング・リアレイズは「三角筋後部」をメインに鍛える

ライイング・リアレイズは背中側にウエイトを持ち上げることで、「三角筋後部」を鍛えることができます。三角筋後部を鍛えることで、肩に丸みを作ることができますよ。

通常のリアレイズは椅子に座って前傾姿勢になってウエイトを持ち上げますが、ライイング・リアレイズはベンチにうつ伏せになることで、身体の反動が使えなくなるのためより一層集中して三角筋後部を刺激することができるメニューになります。

ライイング・リアレイズの正しいやり方

ライイング・リアレイズの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したりしてしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

ライイング・リアレイズの基本動作は

1.トレーニングベンチにうつ伏せになる

2.両手にダンベルをそれぞれ持って、肘を少し曲げた状態で構える

3.ダンベルを横方向に向かって、肩の位置まで持ち上げていく

4.肩の位置までダンベルを持ち上げたら、ゆっくりと元に戻していく

5.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

ライイング・リアレイズを行なう際の注意点

ライイング・リアレイズを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になったりします。注意点を押さえておきましょう。

肘を少し曲げた状態でウエイトを持ち上げよう

ライイング・リアレイズを行なうときは肘を少し曲げた状態でウエイトを持ち上げるようにしましょう。なぜ肘を少し曲げるかというと、肘を完全に伸ばした状態でトレーニングしてしまうと肘関節に余計な負荷がかかってしまうため肘を痛める原因になってしまいます。

ライイング・リアレイズを行なうときは肘を少し曲げた状態にしてからトレーニングしましょう。

肩の高さまでウエイトを持ち上げよう

ライイング・リアレイズを行なうときは肩の高さまでウエイトを持ち上げていきましょう。肩よりも低い可動域でトレーニングしてしまうと筋肉がしっかり刺激されないためトレーニングの効果が半減してしまいます。

しっかりターゲットである三角筋後部が刺激されるように肩の高さまでウエイトを持ち上げるようにトレーニングしよう。

ライイング・リアレイズで三角筋後部を集中して鍛える!

ライイング・リアレイズはトレーニングベンチにうつ伏せになってリアレイズを行なうことで身体の反動を使えなくなるため三角筋後部を集中して鍛えることができるトレーニングメニューということがわかりましたね。

三角筋後部を鍛えることで肩に丸みを作ることができますよ。ライイング・リアレイズで三角筋後部を集中して鍛えましょう!

ライイング・リアレイズについてまとめると

  1. トレーニングベンチにうつ伏せになってリアレイズを行なうメニュー
  2. 身体の反動を使えなくなるので集中して三角筋後部を鍛えることができる
  3. 肘を少し曲げた状態でトレーニングしよう
  4. 肩の位置までウエイトを持ち上げよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1