筋トレやダイエット中に空腹を避けるべき理由

スポンサードリンク




筋トレやダイエットを行って身体を絞ろうとしている時によく誤解されるのが「間食はしてはいけない」という固定観念。

摂取カロリーを抑えようと常に空腹になっている、「空腹だから代わりにどんどん脂肪が燃焼されている」などと思っていないでしょうか?

実は筋トレやダイエットを行っている者にとっては空腹は逆効果なのです。

筋トレ・ダイエット中に空腹を避けるべき理由は身体が「空腹=栄養補給ができない環境にいる」と危機状態にあると身体が判断して次に補給したカロリーを体にためやすくしてしまいます。つまり太りやすい状態へと陥ってしまいます。

そして筋トレをしている場合は、筋トレ中に空腹の場合は身体を追い込む前に空腹によってスタミナが切れてしまい、しっかり筋肉を追い込めません。

また空腹になると体に必要な栄養を筋肉を分解して体の生命維持の優先順位が高い所へ栄養を送ってしまう

わかりやすく言うなら筋肉が減っていきます

せっかく筋トレをして筋肉を育てたのに空腹によって筋肉が減っていくのは耳を塞ぎたくなりますよね。

空腹を避ける方法をみていきましょう。

筋トレ・ダイエット中に空腹を避けるべき理由

筋トレ・ダイエット中に空腹を避けるべき理由を詳しく見ていきましょう。

体にカロリーをためやすくなる

「空腹=危機的状況」と身体が判断して次に摂取した栄養を体にためようとしてしまいます。

しかしこれは人間にとってはとても大切な機能。ただしダイエット中などは逆効果となり、太りやすい体へと変化させてしまいます。

体重を増やすために1日2食を取り入れているアスリートも存在するぐらいなので、空腹を感じ続けている状態は避けるべきです。

パフォーマンスを最大限に発揮できない

空腹状態で筋トレをするとスタミナ切れで筋肉を思ったところまで追い込むことができません。

筋肉が追い込まれたのではなく単にスタミナが切れてしまい、筋トレのパフォーマンスを最大限に発揮できません。

こまめな栄養補給が重要。せめてトレーニング前に糖分などのエネルギーを摂取するのがいいですね。

筋肉が分解される

空腹になると身体が危機的状況と判断して、生命維持のために必要な栄養を筋肉を分解して、他の重要な身体の部位にエネルギーを送って、補給します。つまりそれを意味するのは筋肉が減っていくということ。

せっかく筋トレで筋肉を育てたのに空腹によって筋肉が減っていくのは避けたいはず。

空腹を上手に避ける方法

空腹を避けようとひたすら食べるのはもちろん太る原因になります。そこで身体を絞りつつ空腹を避ける方法をみていきたいと思います。

良く噛んでゆっくり時間をかけて食べる

食事を良く噛んで食べることで満腹中枢が刺激され、量を多く食べなくても満腹感を得られます。

そして人間は血糖値が上昇すると満腹感を得られるので、ゆっくり時間をかけて食べることで血中の血糖値が上昇し、満腹感を得ることができます。

逆に素早く食事を済ますと血糖値が急上昇して、脂肪を蓄えやすい体になり、急上昇したら急降下するのですぐにお腹が空いてしまうので気を付けましょう。

思っている以上にゆっくり食事をとることは効果的。

 食べる物の順番を考える

血糖値が急上昇するとその後すぐ急降下して空腹を感じやすくなってしまいます。

炭水化物や脂質は血糖値を急上昇させるので、野菜を始めに摂ると血糖値がゆっくり上昇するので満腹感を維持しやすいです。

食べ始めは血糖値が急上昇しにくい野菜などから摂るように意識しましょう。

間食をする

間食は一見太りそうなイメージがありますが、それは総摂取カロリーが多すぎる場合に限ります。

成人男性で約2500kcal、成人女性で約2000kcalが1日に摂るべるカロリー。つまり1日3食で摂取カロリーが2000kcalから1日5食に増やし総摂取カロリーが同じ2000kcalなら太らない。むしろ空腹を避けることで筋肉の分解や体に脂肪をためにくくできます。

1回の食事の量を減らして間食を増やし、1日の総摂取カロリーを意識しよう。

空腹を避けて痩せやすい体へ

痩せようとして知らず知らずのうちに、実は痩せにくい状態、筋肉が育ちにくい状態へしている可能性が十分あります。空腹は実は身体にとって負担になる状態だったのですね。

空腹を避けて痩せやすい体にしよう!食事回数を減らすのではなく1日の総摂取カロリーが重要なのですね。

スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1