太ももをピンポイントに引き締める自宅でできるダイエット方法!筋トレ・ストレッチのやり方

スポンサードリンク




太ももが太くて細くしたい!引き締めたい!と思っている方は多いはず。しかしどうやって太ももを細くする方法がわからない!と言った方も同時に多いはず。どうせダイエットするならいかに効率的に効果的に行いたいものですよね。

太ももが細いと一気に身体がシュッと見えるし、脚全体が引き締まって見えます。何としても太ももを細くして穿きたいズボンや服がある!と言った目的を達成したい方もいると思います。じゃあ自宅でもできる筋トレとストレッチで太ももをピンポイントに引き締めるダイエット方法を行いましょう。

そこで今回は太ももをピンポイントに引き締めるダイエット方法を解説していきたいと思います。

太ももの太さの平均は?

まずは太ももの太さの平均を知っておきましょう。太ももの平均の太さを知っておけば、自分が目指すべき太ももの太さの目標が決めやすくなるのでモチベーションにもなります。

成人男性・成人女性それぞれの太ももの平均の太さはこちら

成人男性の太もも平均 成人女性の太もも平均
56cm 54cm

太ももの太さの測り方としては太ももの付け根から約3~5cm付近を測りましょう。どうでしょうか?上記の平均を参考に自分が目指すべき太ももの太さが見えてきたのではないでしょうか。

太ももが太くなってしまう理由

なぜ太ももが太くなってしまうのかをみていきましょう。

無駄な脂肪が身体にたまっている

第一に言えるのが身体に無駄な脂肪がたまっているということが理由としてあげられます。なぜ無駄な脂肪が身体にたまっていくかというと、筋肉は使わないとどんどん衰えていきます。筋肉が衰えてしまうと身体の基礎代謝(何もしなくてもカロリーを消費する機能)が下がっていき、摂取したカロリーが消費されにくくなり、太りやすくなってしまいます。

無駄な筋肉をつけないためにはある程度の筋力をつけて痩せやすい身体に変えることが効果的です。

血行が悪くむくんでいる

血行が悪いと脚がむくんでしまい、さらに太く見えてしまいます。むくむ理由としては筋肉が衰えて血行が悪い・筋肉が凝り固まっているから血行が悪いことがあげられます。運動不足やデスクワークなどによって筋肉が凝ったりすることが理由としてあげられます。

筋トレである程度の筋力をつける・ストレッチで筋肉をほぐすことが効果的です。

こちらもおすすめ

こんなに簡単でいいの?ストレッチで気軽にダイエット!やり方・注意点

太ももを細くするには筋肉をつけ、ストレッチを行い血行を良くするのが近道!

太ももを細く引き締めるには筋肉をつけて基礎代謝を上げる、ストレッチで筋肉をほぐして血行をよくすることが近道でしょう。

筋肉をつけると脚が逆に太くなるのでは?と不安になったがいるかもしれません。しかし実は筋肉は脂肪よりも体積が2割ほど体積が少ないので、鍛えることで引き締まった見た目に変化します。

さらにストレッチをすることで血行が良くなることむくみが取れる以外にも痩せやすくなる理由ありまして、血行が良くなると体温が上がります。人間は体温が1℃上昇すると実は約10%の基礎代謝(カロリー消費量)が上がるため、ストレッチで理論上痩せるということになります。

筋肉をつけ、ストレッチで血行を良くすることは見た目の変化・ダイエット効果もあり、とても合理的なのですね。

太ももを引き締める!筋トレとストレッチのやり方

それでは太ももを引き締める筋トレとストレッチのやり方を見ていきましょう。

太ももを引き締める筋トレメニュー

まずは太ももを引き締める筋トレメニューをみていきます。

スクワット

スクワット筋トレBIG3と呼ばれているほどの筋トレ代表格。膝を曲げた状態から膝を伸ばして体を持ち上げることで、大腿四頭筋(太もも前部分)・ハムストリング(太もも裏部分)・大臀筋(お尻)の筋肉を中心に鍛えることができます。下半身を引き締めるなら外せない筋トレメニューです。

太ももを引き締めるならスクワットをやらない理由がありません。

スクワットのやり方
足幅を肩幅ほどに開いて、立つ
つま先を少し外側に向けて、ゆっくりと膝を曲げて腰を下ろしていく
背中が丸まらないように注意する
太ももが水平になるまで膝を曲げたら、膝を伸ばして身体を持ち上げていく
膝を伸ばしたら、またゆっくりと膝を曲げていく
これを繰り返す

回数は10回~20回1セットを3セットほどを目安に行いましょう。できれば毎日最低でも2日に1回のペースで行うのがおすすめです。

太ももを引き締めるストレッチメニュー

次に太ももを引き締めるストレッチメニューをみていきましょう。

お風呂上りに行うと筋肉がリラックス状態なので、効果が高まりますよ。

無理せず少し痛いぐらいのところで筋肉を伸ばすのを止めて、深呼吸をしながら約20~30秒ほど筋肉を伸ばした状態をキープしましょう。

こちらもおすすめ

動的ストレッチと静的ストレッチそれぞれの方法と効果

開脚(内ももに効果あり)

前屈(太もも裏側に効果あり)

太もも前の筋肉を伸ばす(太もも前側に効果あり)

筋トレとストレッチで引き締まった太ももを目指そう!

太ももを引き締めたいと思っている方は多いはずです。太ももを効果的に効率的に引き締めるには筋トレで筋肉をつけて、ストレッチで血行を良くし、むくみをなくすことが重要ということがわかりましたね。

黙っていたって太ももは細くなりません!筋トレとストレッチで太ももを引き締める努力をしましょう。筋トレをすると筋肉がついて太くなりそうですがそう簡単に脚を太くできるほど筋肉はつきません。むしろ筋肉がつくと身体の代謝がよくなり痩せやすくなります。またストレッチを行うことで血行が良くなり、相乗効果でさらに痩せやすくなります。

筋トレとストレッチで引き締まった太ももを目指そう!

要点をまとめると

  • 太ももが太い理由は脂肪がたまっている・血行が悪くむくんでいる
  • 筋トレで筋肉をつけ、ストレッチで血行をよくすることが引き締める近道
  • 筋肉をつけると代謝が良くなり痩せやすい身体になる
  • ストレッチをすると血行が良くなり痩せやすい身体になる
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1