ダンベルショルダープレスで三角筋を鍛えよう!やり方・注意点

スポンサードリンク




ダンベルショルダープレスとはショルダープレスをダンベルを使って行なう筋トレメニューのこと。ショルダープレスの中でもダンベルを使うのが最も基本とされています。

ダンベルショルダープレスは天井に向かってダンベルを持ち上げることで三角筋を鍛えることができます。三角筋を鍛えることで、肩幅をつける・肩を引き締めることができますよ。

そこで今回はダンベルショルダープレスの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

ダンベルショルダープレスは「三角筋」を鍛えることができる

ダンベルショルダープレスはダンベルを天井に持ち上げていくことで、「三角筋」を鍛えることができます。三角筋を鍛えることで、肩幅をつける・肩を引き締めることができますよ。

ダンベルショルダープレスはバランスを取るために体幹も同時に鍛えられます。ショルダープレスのバリエーションとしてショルダープレスマシンがありますが、軌道が確保されているので三角筋を集中して刺激するという方法もあります。好みや目的に合わせて使い分けるといいですね。

ダンベルショルダープレスの正しいやり方

ダンベルショルダープレスの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したりしてしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

ダンベルショルダープレスの基本動作は

1.ダンベルを両手にそれぞれ順手で持つ

2.顔の横でダンベルを構える

3.両腕を天井に向かって伸ばして、ダンベルを持ち上げていく

4.ダンベルを持ち上げたら、ゆっくりと下ろしてく

5.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

ダンベルショルダープレスを行なう際の注意点

ダンベルショルダープレスを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になったりします。注意点を押さえておきましょう。

適切な重量を扱おう

筋トレ全般に言えることですが、ダンベルショルダープレスを行なうときには適切な重量でトレーニングしましょう。あまりにも重すぎるダンベルでトレーニングしてしまうと肩関節に余計な負荷がかかってしまい、ケガの原因になります。

重量の目安としては10回前後で限界を迎える重量を扱うようにしましょう、

可動域を意識しよう

ダンベルショルダープレスを行なうときは顔の位置からダンベルを持ち上げて、持ち上げて戻すときは元の位置までダンベルを下ろしてトレーニングしましょう。ダンベルを元の位置に戻さずに狭い可動域でトレーニングしてしまうと、筋肉がしっかり刺激されません。

筋肉を刺激するために、可動域を意識しながらトレーニングしよう。

ダンベルショルダープレスで三角筋を鍛えろ!

ダンベルショルダープレスはショルダープレスをダンベルで行なうトレーニングメニューということがわかりましたね。ダンベルを使うショルダープレスが最も基本とされています。

ダンベルを天井に向かって持ち上げていくことで、三角筋を鍛えることができます。三角筋を鍛えることで、肩幅をつける・肩を引き締めることができますよ。またダンベルを使うことでバランスを保つために体幹も同時に鍛えられます。

ダンベルショルダープレスについてまとめると

  1. ダンベルを使ったショルダープレスのバリエーションの1つ
  2. 三角筋を鍛えることができる
  3. 適切な重量を扱おう
  4. 可動域を意識しよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1