ダンベルクランチで腹直筋を攻める!正しいやり方・注意点

スポンサードリンク




ダンベルクランチとはクランチをダンベルを持って行なう筋トレメニューのこと。ダンベルを持ってクランチをすることで、より一層筋肉へ負荷を与えることができます。胸を膝に近づけるように腰を曲げることで腹直筋をメインに鍛えることができます。

腹直筋はシックスパック・割れた腹筋を作り上げるためには欠かせない筋肉です。ボディメイクをするには鍛えておくべき筋肉ですよ。

そこで今回はダンベルクランチの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

ダンベルクランチは「腹直筋」をメインに鍛える

ダンベルクランチは胸を膝に近づけるように腰を曲げることで、「腹直筋」をメインに鍛えることができます。腹直筋を鍛えることで、割れた腹筋・シックスパックを作り上げることができます。ボディメイクを目指すなら欠かせない筋肉ですね。

ダンベルクランチはダンベルを持ってクランチを行なうことで、より一層腹直筋へ負荷を与えることができます。腹直筋をさらに鍛えたいならダンベルクランチをしましょう。

ダンベルクランチの正しいやり方

ダンベルクランチの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したりしてしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

トレーニングの回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

ダンベルクランチの基本動作は

1.地面に仰向けになり、膝を曲げて立てる

2.ダンベルを胸の位置で構える

3.胸を膝に近づけるように腰を曲げて身体を起こす

4.胸を膝に近づけたら、ゆっくりと元の位置へ戻す

5.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

ダンベルクランチを行なう際の注意点

ダンベルクランチを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になったりします。注意点を押さえておきましょう。

柔らかいマットの上でトレーニングしよう


(Amazon.co.jpより)

ダンベルクランチを行なうときは柔らかいマットの上でトレーニングしましょう。硬い床の上で腹筋運動を行なってしまうと腰に余計な負荷がかかってしまい、腰を痛める原因になります。

ダンベルクランチを行なうときはケガ防止のためにヨガマットなどの柔らかいマットの上でトレーニングしましょう。

胸を膝に近づけるようにトレーニングしよう

ダンベルクランチを行なうときは胸を膝に近づけるように腹直筋を収縮させましょう。しばしやってしまいがちなのが、首だけを起こしてしまうNG行為。首だけを動かしても、首を痛める・腹直筋が刺激されません。

ダンベルクランチを行なうときは胸を膝に近づけるように腹直筋を収縮させて、トレーニングの効果を最大限まで引き出しましょう。

ダンベルクランチで腹直筋を攻めよう!

ダンベルクランチとはクランチをダンベルを持って行なうことで、筋肉への負荷を高めた筋トレメニューということがわかりましたね。ダンベルクランチは胸を膝に近づけるように腰を曲げることで腹直筋をメインに鍛えることができます。腹直筋は割れた腹筋・シックスパックを作り上げるためには欠かせない筋肉。ボディメイクを目指すなら鍛えるべき筋肉ですね。

ダンベルクランチで腹直筋を攻めよう!

ダンベルクランチについてまとめると

  1. ダンベルを持ってクランチを行なうメニュー
  2. 腹直筋をメインに鍛えることができる
  3. 柔らかいマットの上でトレーニングしよう
  4. 胸を膝に近づけるようにトレーニングしよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1