デクラインダンベルベンチプレスで大胸筋下部を鍛える!やり方・注意点

スポンサードリンク




デクラインダンベルベンチプレスとはダンベルベンチプレスデクラインベンチを使って頭が胸よりも低い位置で行なうことで大胸筋下部をメインに鍛えることができるトレーニングメニュー。ダンベルベンチプレスを頭が胸の位置よりも低くなることで大胸筋下部をメインに鍛えるメニューに変化します。

大胸筋下部を鍛えることで大胸筋の形がくっきりとさせることができるので、より一層大胸筋の存在感をアピールできますよ。

そこで今回はデクラインダンベルベンチプレスの正しいやり方・注意点・鍛えられる筋肉を解説していきたいと思います。

デクラインダンベルベンチプレスは「大胸筋下部」をメインに鍛える

デクラインダンベルベンチプレスはダンベルベンチプレスを頭を胸よりも低い位置で行うことで、大胸筋下部をメインに鍛えることができるメニューに変化します。

大胸筋下部を鍛えることで、大胸筋がくっきりと浮かび上がるのでさらに大胸筋の存在感をアピールしたいならデクラインダンベルベンチプレスをしよう!

デクラインダンベルベンチプレスの正しいやり方

デクラインダンベルベンチプレスの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したりしてしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

デクラインダンベルベンチプレスの基本動作は

1.デクラインベンチを25度~35度ほどにセットする

2.ベンチに仰向けになり、ダンベルを両手に持ち、胸の位置で構える

3.ダンベルを天井に向かって真っ直ぐ持ち上げていく

4.肘が完全に伸びきる寸前までダンベルを持ち上げていく

5.肘が伸びきる寸前までダンベルを持ち上げたら、ゆっくりと元に戻していく

6.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

デクラインダンベルベンチプレスを行なう際の注意点

デクラインダンベルベンチプレスを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になったりします。注意点を押さえておきましょう

頭を胸よりも低くなるようにベンチをセットしよう

デクラインダンベルベンチプレスを行なうときは頭が胸よりも低くなるようにベンチをセットしましょう。頭の位置が胸よりも低くしないとターゲットである大胸筋下部が刺激されません。

頭を胸よりも低い位置になるようにベンチをセットしましょう。

角度のつけすぎには注意

頭を胸よりも低くすることが必要ですが、あまりにも角度をつけすぎて、極端に頭の位置が低くなりすぎるとダンベルの扱いが難しくなり、ダンベルを落とすなどのリスクが高くなってしまいます。

極端な角度をつけるのではなく、25度~35度ほどを目安にベンチの角度をつけるのがおすすめです。好みの角度をみつけよう!

デクラインダンベルベンチプレスで大胸筋下部を攻めろ!

デクラインダンベルベンチプレスはダンベルベンチプレスデクラインベンチを使って頭が胸よりも低い位置で行なうことで大胸筋下部をメインに鍛えることができるメニューということがわかりましたね。

大胸筋下部をきたえることで、大胸筋の形をくっきりとさせることができるので、さらなる大胸筋の存在感のアピールができます。バーベルでデクラインダンベルベンチプレスを行なうことでさらに負荷を高めることができるので、デクラインベンチプレスも要チェック!

デクラインダンベルベンチプレスについてまとめると

  1. 大胸筋下部をメインに鍛えることができるメニュー
  2. 大胸筋下部を鍛えると大胸筋をさらにアピールできる
  3. 頭を胸よりも低くなるようにベンチをセットしよう
  4. 角度のつけすぎには注意しよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1