チューブトレーニング(無酸素)一覧

筋トレとストレッチで美尻に!ヒップアップを加速させるお尻のダイエット方法

ヒップアップを加速させるお尻をピンポイントに引き締めるダイエット方法として筋トレとストレッチが最も効率的で効果的です。筋肉を鍛えると引き締まる・基礎代謝が上がり痩せやすくなります。そしてストレッチをすることで血行が良くなり、さらに痩せやすくなります。筋トレとストレッチで美尻を手に入れましょう。

みっともないハミ肉から卒業!背中をぐっと引き締めるダイエット!筋トレとストレッチで改善しよう!

背中の贅肉を効率的に落とすには背中の筋肉である広背筋(こうはいきん)を鍛えて引き締めましょう。そしてストレッチを行い筋肉の血行を良くして痩せやすい身体に変えてあげましょう。1度筋肉をつけてストレッチを行い、痩せやすい身体にしてしまえば逆に言うと太りにくい身体を手に入れることができます。

二の腕を細くするダイエット方法!筋トレとストレッチで気軽に引き締めよう!

二の腕を効率的に引き締めるには二の腕をピンポイントに筋トレし、ストレッチとマッサージで凝り固まった筋肉をほぐし、血行を良くして痩せやすい状態にしてあげましょう。一度筋肉がついて血行もよくなれば逆に言えば太りにくい状態になるのです。

トレーニングチューブを使ったおすすめの筋トレメニュー部位別大全集!

トレーニングチューブとは長いゴム製のチューブを引っ張ることで筋肉に抵抗を与え、筋肉をトレーニングできる筋トレグッズのこと。トレーニングチューブは場所も取らない・軽いことから1つ持っておけば自宅でも気軽に筋トレに取り組むことができます。そこで自宅でもできるトレーニングチューブを使ったおすすめの部位別筋トレメニューを紹介していきます!

チューブリバースカールで上腕筋と腕橈骨筋を気軽に鍛える!やり方・注意点

チューブリバースカールとはトレーニングチューブを使ってリバースカールを行なう筋トレメニューのこと。チューブを順手で握り、肘を曲げてチューブを引くことで上腕筋と腕橈骨筋を鍛えることができます。トレーニングチューブを使えば気軽に筋トレに取り組むことができますよ。

チューブトランクローテーションで気軽に腹斜筋を鍛える!やり方・注意点

チューブトランクローテーションとはトレーニングチューブを使ってリバーストランクツイスト・ロータリートーソを行なう筋トレメニューのこと。上半身を横方向にひねってチューブを引くことで腹斜筋を鍛えることができます。トレーニングチューブを使えば自宅でも気軽に筋トレに取り組むことができますよ。

チューブデッドリフトで気軽に全身を鍛えよう!やり方・注意点

チューブデッドリフトとはトレーニングチューブを使ってデッドリフトを行なう筋トレメニューのこと。膝を曲げて前傾姿勢にの状態から膝を伸ばしてチューブを引くことでメインにハムストリング・大臀筋・脊柱起立筋をサブで広背筋・僧帽筋・大腿四頭筋を鍛えることができます。デッドリフトは筋トレBIG3と呼ばれるほどの優れたメニューです。全身を鍛えたいならおすすめですよ。

チューブプルオーバーで大胸筋と広背筋を気軽に鍛える!やり方・注意点

チューブプルオーバーとはトレーニングチューブを使ってプルオーバーを行なう筋トレメニューのこと。チューブを頭の位置から太ももの位置に引くことで大胸筋と広背筋を鍛えることができます。プルオーバーは基本的にダンバル・バーベルを使ってトレーニングを行なうのがポピュラーな方法です。トレーニングチューブを使うことで気軽に筋トレに取り組むことができます。

チューブスクワットで下半身を気軽に鍛えよう!やり方・注意点

チューブスクワットとはトレーニングチューブを使ってスクワットを行なう筋トレメニューのこと。トレーニングチューブを使うことで自重スクワットよりも少し強度を高めたトレーニングを行なうことができます。膝を曲げた状態から伸ばすことで大腿四頭筋・大臀筋をメインに鍛えることができます。下半身を強化したいならスクワットは欠かせないですよ。

チューブサイドベントで腹斜筋を鍛えよう!やり方・注意点

チューブサイドベントとはトレーニングチューブを使ってサイドベントを行なう筋トレメニューのこと。サイドベントは通常ダンベルを使いますが、トレーニングチューブを使うことで気軽にサイドベントを行なうことができます。上半身を横方向に傾けてチューブを引くことで腹斜筋を鍛えることができます。

スポンサーリンク
1




1