トレーニングメニュー一覧

寝る前にスクワットはおすすめではない?交感神経緊張状態になるから寝れなくなる

スクワットは寝る前にすると効果が高くなるのか?という疑問をいただいたので、その疑問について解答していきたいと思います。答えは寝る前にスクワットをするのはおすすめではありません。その理由としては交感神経緊張状態になることで、身体が興奮状態になるので、眠れなくなります。最低でも寝る1時間前にはスクワットを終えておきましょう。

ベンチプレスの正しい軌道は?垂直にアップダウンさせよう!

ベンチプレスをするときに軌道はとても大事。少しでも斜めな軌道になってしまうと力が抜けてしまい、バーベルを落としてしまいます。間違った軌道でベンチプレスをしてしまうと身体を鍛える以前にケガをしてしまいます。ベンチプレスでの正しい軌道について今一度確認しておきましょう。

ネガティブ懸垂とは?伸張性筋収縮ゆっくり懸垂すると刺激が高まる!

懸垂はみんな知っている最強の自重トレーニングの1つですが、ネガティブ懸垂をご存知でしょうか。 ネガティブ懸垂とはゆっくりと懸垂をするという懸垂のバリエーションの1つです。筋トレは持ち上げるときに筋肉が鍛えられるのが基本ですが、元の状態に戻すときにゆっくりと動作することでも鍛えられます。つまりネガティブ懸垂は元に戻すときに重力に逆らうようにゆっくりと腕を伸ばしていきます。

デッドリフトの注意点!バウンドはさせないようにしましょう

デッドリフトでバウンドさせて反復させないように注意する必要があります。デッドリフトの意味として「静止した状態(デッド)から持ち上げる(リフト)」という意味があるぐらいですから、しっかり静止した状態からバーベルを持ち上げるようにしましょう。

ベンチプレス初心者のためにベンチプレスの正しいフォーム・やり方・注意点を解説!

ベンチプレス初心者に向けてこの記事を見れば「ベンチプレスの始め方・正しいフォーム・やり方・注意点」を網羅することができますよ!それではベンチプレス初心者がどうすればベンチプレスをマスターできるか見ていきましょう。

トレーニングチューブの使い方・部位別筋トレメニュー解説!

トレーニングチューブは場所も取らない・軽いことから1つ持っておけば自宅でも気軽に筋トレに取り組むことができます。そこで使い方・自宅でもできるトレーニングチューブを使ったおすすめの部位別筋トレメニューを紹介していきます!

チューブリバースカールで上腕筋と腕橈骨筋を気軽に鍛える!やり方・注意点

チューブリバースカールとはトレーニングチューブを使ってリバースカールを行なう筋トレメニューのこと。チューブを順手で握り、肘を曲げてチューブを引くことで上腕筋と腕橈骨筋を鍛えることができます。トレーニングチューブを使えば気軽に筋トレに取り組むことができますよ。

ケーブルトランクローテーションで腹斜筋を追い込め!やり方・注意点

ケーブルトランクローテーションとはケーブルマシンを使ってリバーストランクツイスト・ロータリートーソを行なう筋トレメニューのこと。上半身を横方向にひねってケーブルを引くことで腹斜筋を鍛えることができます。ケーブルマシンを使うことで負荷が逃げにくい・可動域が増える・ワンタッチで重量を変更できるというメリットがあります。

チューブトランクローテーションで気軽に腹斜筋を鍛える!やり方・注意点

チューブトランクローテーションとはトレーニングチューブを使ってリバーストランクツイスト・ロータリートーソを行なう筋トレメニューのこと。上半身を横方向にひねってチューブを引くことで腹斜筋を鍛えることができます。トレーニングチューブを使えば自宅でも気軽に筋トレに取り組むことができますよ。

ケーブルスクワットで下半身を追い込め!やり方・注意点

ケーブルスクワットとはケーブルマシンを使ってスクワットを行なう筋トレメニューのこと。通常はダンベル・バーベルを使ってスクワットを行なうのがポピュラーな方法ですがケーブルマシンを使うことで負荷が逃げにくい・可動域を増やすことができる・ワンタッチで重量を変更できます。ケーブルスクワットも取り入れてみましょう。