トレーニングメニュー一覧

チューブスクワットで下半身を気軽に鍛えよう!やり方・注意点

チューブスクワットとはトレーニングチューブを使ってスクワットを行なう筋トレメニューのこと。トレーニングチューブを使うことで自重スクワットよりも少し強度を高めたトレーニングを行なうことができます。膝を曲げた状態から伸ばすことで大腿四頭筋・大臀筋をメインに鍛えることができます。下半身を強化したいならスクワットは欠かせないですよ。

チューブサイドベントで腹斜筋を鍛えよう!やり方・注意点

チューブサイドベントとはトレーニングチューブを使ってサイドベントを行なう筋トレメニューのこと。サイドベントは通常ダンベルを使いますが、トレーニングチューブを使うことで気軽にサイドベントを行なうことができます。上半身を横方向に傾けてチューブを引くことで腹斜筋を鍛えることができます。

チューブクランチで腹直筋を鍛えよう!やり方・注意点

チューブクランチとはクランチ(腹筋運動)をトレーニングチューブを使って行なう筋トレメニューのこと。トレーニングチューブを使うことで通常のクランチのよりも強度を高めることができます。地面に仰向けになるやり方と地面に膝をついた状態で行なうやり方の2通りあります。

チューブプッシュアップ(腕立て伏せ)で負荷を高める!やり方・注意点

チューブプッシュアップとはトレーニングチューブを使ってプッシュアップ(腕立て伏せ)を行なう筋トレメニューのこと。トレーニングチューブを使ってプッシュアップを行なうことで通常よりも負荷を高めることができます。メインに大胸筋・サブで三角筋・上腕三頭筋を鍛えることができます。自宅でも強力な筋トレをしたいならおすすめのメニューです。

チューブアダクションで内転筋(内もも)を気軽に鍛えよう!やり方・注意点

チューブアダクションとはトレーニングチューブを使ってアダクションを行なう筋トレメニューのこと。足を開いた状態から身体の内側に脚を動かすことで内転筋(内もも)を鍛えることができます。アダクションは基本的にはアダクションマシン・ケーブルマシン(ケーブルアダクション)を使うことが最もポピュラーなトレーニング方法です。トレーニングチューブを使えばいつでも気軽に筋トレに取り組むことができます。

チューブハンマーカールで上腕二頭筋長頭を刺激!やり方・注意点

チューブハンマーカールとはトレーニングチューブを使ってハンマーカールを行なう筋トレメニューのこと。チューブを手のひらが向かい合うように握り、肘を曲げてチューブを引くことで上腕二頭筋長頭を鍛えることができます。ハンマーカールは基本的にはダンベルを使ったトレーニング方法が最もポピュラーです。トレーニングチューブは場所も取らない・軽いことからいつでもどこでも気軽に筋トレに取り組むことができます。

チューブバタフライでいつでも大胸筋を刺激しよう!やり方・注意点

チューブバタフライとはトレーニングチューブを使ってダンベルフライ・バタフライマシンを行なう筋トレメニューのこと。腕を広げた状態から前方に向かって腕を閉じることで、大胸筋を鍛えることができます。トレーニングチューブを使えばいつでもどこでも気軽に筋トレをすることができますよ。

チューブキックバックでどこでも上腕三頭筋を刺激!やり方・注意点

チューブキックバックとはトレーニングチューブを使ってトライセプスキックバックを行なう筋トレメニューのこと。前傾姿勢になり、肘を後方に向かって伸ばすことで上腕三頭筋を鍛えることができます。トレーニングチューブを使うことで自宅でも気軽に筋肉を刺激することができますよ。

リバースインクラインショルダープレスで三角筋後部を鍛える!やり方・注意点

リバースインクラインショルダープレスとはインクラインベンチを使ってうつ伏せの状態でショルダープレスを行なうことで三角筋後部を鍛えることができる筋トレメニューのこと。ライイングインクラインショルダープレスとも呼ばれています。通常のショルダープレスでは三角筋中部をメインに鍛えますがバリエーションとして覚えておけば、まんべんなく三角筋を鍛えることができます。

バランスボールプルオーバーで体幹を同時に鍛える!やり方・注意点

バランスボールプルオーバーとはトレーニングベンチの代わりにバランスボールを使ってプルオーバーを行なう筋トレメニューのこと。バランスボールを使ってプルオーバーを行なうことで大胸筋・広背筋だけでなく体幹も同時に鍛えることができます。

スポンサーリンク
1




1