トレーニングメニュー一覧

寝る前にスクワットはおすすめではない?交感神経緊張状態になるから寝れなくなる

スクワットは寝る前にすると効果が高くなるのか?という疑問をいただいたので、その疑問について解答していきたいと思います。答えは寝る前にスクワットをするのはおすすめではありません。その理由としては交感神経緊張状態になることで、身体が興奮状態になるので、眠れなくなります。最低でも寝る1時間前にはスクワットを終えておきましょう。

ベンチプレスの正しい軌道は?垂直にアップダウンさせよう!

ベンチプレスをするときに軌道はとても大事。少しでも斜めな軌道になってしまうと力が抜けてしまい、バーベルを落としてしまいます。間違った軌道でベンチプレスをしてしまうと身体を鍛える以前にケガをしてしまいます。ベンチプレスでの正しい軌道について今一度確認しておきましょう。

ネガティブ懸垂とは?伸張性筋収縮ゆっくり懸垂すると刺激が高まる!

懸垂はみんな知っている最強の自重トレーニングの1つですが、ネガティブ懸垂をご存知でしょうか。 ネガティブ懸垂とはゆっくりと懸垂をするという懸垂のバリエーションの1つです。筋トレは持ち上げるときに筋肉が鍛えられるのが基本ですが、元の状態に戻すときにゆっくりと動作することでも鍛えられます。つまりネガティブ懸垂は元に戻すときに重力に逆らうようにゆっくりと腕を伸ばしていきます。

デッドリフトの注意点!バウンドはさせないようにしましょう

デッドリフトでバウンドさせて反復させないように注意する必要があります。デッドリフトの意味として「静止した状態(デッド)から持ち上げる(リフト)」という意味があるぐらいですから、しっかり静止した状態からバーベルを持ち上げるようにしましょう。

ベンチプレス初心者のためにベンチプレスの正しいフォーム・やり方・注意点を解説!

ベンチプレス初心者に向けてこの記事を見れば「ベンチプレスの始め方・正しいフォーム・やり方・注意点」を網羅することができますよ!それではベンチプレス初心者がどうすればベンチプレスをマスターできるか見ていきましょう。

筋トレとストレッチで美尻に!ヒップアップを加速させるお尻のダイエット方法

ヒップアップを加速させるお尻をピンポイントに引き締めるダイエット方法として筋トレとストレッチが最も効率的で効果的です。筋肉を鍛えると引き締まる・基礎代謝が上がり痩せやすくなります。そしてストレッチをすることで血行が良くなり、さらに痩せやすくなります。筋トレとストレッチで美尻を手に入れましょう。

みっともないハミ肉から卒業!背中をぐっと引き締めるダイエット!筋トレとストレッチで改善しよう!

背中の贅肉を効率的に落とすには背中の筋肉である広背筋(こうはいきん)を鍛えて引き締めましょう。そしてストレッチを行い筋肉の血行を良くして痩せやすい身体に変えてあげましょう。1度筋肉をつけてストレッチを行い、痩せやすい身体にしてしまえば逆に言うと太りにくい身体を手に入れることができます。

二の腕を細くするダイエット方法!筋トレとストレッチで気軽に引き締めよう!

二の腕を効率的に引き締めるには二の腕をピンポイントに筋トレし、ストレッチとマッサージで凝り固まった筋肉をほぐし、血行を良くして痩せやすい状態にしてあげましょう。一度筋肉がついて血行もよくなれば逆に言えば太りにくい状態になるのです。

簡単!ふくらはぎをピンポイントに痩せるダイエットメニュー!筋トレとストレッチを解説

あなたはふくらはぎを細くしたいですか?したいですよね。きっとそのはずです!ふくらはぎを細く引き締めるにはふくらはぎを鍛える筋トレとストレッチで引き締める・むくみを取ることが近道です。

ウエストをピンポイントに引き締めるダイエット方法!スマートなお腹を手に入れろ!

ウエストを引き締めるには腹直筋(お腹の真ん中部分)と腹斜筋(お腹横部分)を鍛えることが最も近道です。もちろん比較的簡単なメニューも紹介しますが、あっと言う間に!という甘い話はありません。継続と努力は絶対必要ですよ!

スポンサーリンク
1




1