一覧

ベントオーバーローイングのやり方!鍛えられる筋肉・注意点・バリエーション

ベントオーバーローイングとはウエイトを持ち、少し前傾姿勢になった状態で背中側にウエイトを引くことで広背筋と僧帽筋を鍛えることができる筋トレメニューのこと。僧帽筋を鍛えることで首から肩にかけてを引き締める・広背筋は逆三角形を作り上げることができます。

上腕三頭筋の筋トレメニュー!自重・ダンベル・ジムそれぞれのトレーニング解説

上腕三頭筋は通称二の腕と呼ばれている腕の筋肉のこと。上腕三頭筋を鍛えることで腕を太くする・腕を引き締めることができます。たくましい太い腕・引き締まった腕を手に入れるためには上腕三頭筋を鍛えましょう。上腕三頭筋を鍛える筋トレメニューを解説していきます

上腕二頭筋の筋トレメニュー!自重・ダンベル・ジムそれぞれのトレーニング解説

上腕二頭筋は通称力こぶと呼ばれている筋肉。肩の先端から肘にかけてに位置しています。鍛えることで腕を太くする・力こぶを高くする・腕を引き締めることできます。腕の筋肉のなかでもトップクラスで人気の高い筋肉です。上腕二頭筋を鍛えることができる筋トレメニューをみていきましょう。

自宅でもできる!レベル別サーキットトレーニングメニュー

サーキットトレーニングとは有酸素運動と無酸素運動を交互に行なうトレーニングメニューのこと。走る→筋トレを交互に行ないます。しかしサーキットトレーニングってジムや広い場所じゃないとできないと思っていませんか?いいえ、工夫をすれば自宅でもサーキットトレーニングを行なうことができます!

筋トレ初心者がまずやるべき筋トレメニューと押えておくべき基礎知識

筋トレを始めるとなると「選択肢が多すぎて何から手をつけていいのかわからない!」となってしまいがち。筋トレ初心者はとりあえず腕立て伏せ・スクワット・腹筋をしましょう。そしてトレーニング後にプロテインを飲めばまず間違いありません。

握力の鍛え方と強化する方法│握力の世界記録ってそんなにあるの!?

握力を鍛えるにはどうすればよいのでしょうか??案外握力を鍛える方法は知られていませんし、ジムに行っても握力を鍛えるマシンもありませんよね。握力をアップさせるには主に前腕筋を鍛えることで握力を強化することができます。握力・前腕を鍛える筋トレをしましょう。

プッシュアップバーは自重トレを強力にしてくれる!バーを使った筋トレメニューも紹介

まずプッシュアップバーとは基本的には腕立て伏せをする際に使用するバーのことです。このプッシュアップバーを使用することで可動範囲の増加、負荷の増加によって普通のプッシュアップ(腕立て伏せ)がより強力なトレーニングへと変化させることができます。

自分の腕とタオルのみを使う上半身を鍛えられる自重トレーニングメニュー4つ

自分の腕の力とタオルのみで気軽に取り組める自重トレメニューです。やり方は簡単。自分の腕で自分の腕を押す、引く、タオルを持って引っ張るのみの簡単なメニューとなっています。これだけで上半身の腕(上腕二頭金・上腕三頭筋)、肩(三角筋)、背中(広背筋)が鍛えることができます。

上半身を広範囲にわたって鍛えられるおすすめ腕立て伏せバリエーション4選

腕立て伏せは筋トレ入門として手っ取り早く始められる種目の1つ。まず筋トレを始めるなら腕立て伏せのバリエーションを覚えておけば上半身は十分鍛えられます。「自重(自分の体重だけの)トレーニングだと大して鍛えられないのでは?」と思われた方もいるのではないでしょうか。このおすすめ腕立て伏せを行なえば変化させられます。

スポンサーリンク
1




1