筋肉部位別メニュー一覧

前腕伸筋群の役割と機能!鍛え方・ストレッチ方法も解説

前腕伸筋群(ぜんわんしんきんぐん)とは前腕の手の甲側にある筋肉のこと。主な役割として手首を手の甲側に曲げる・指で物を掴むときに働く筋肉です。鍛えることで手首の強化・握力の強化・前腕を太くすることができます。日常生活では手を動かす動作ではほとんどの場面で使われる重要な筋肉です。スポーツでは投げる・掴むなどのジャンルを問わず活躍する筋肉です。鍛えることで腱鞘炎などの手首・肘のケガの予防にもなります。

前腕屈筋群の役割と機能!鍛え方・ストレッチ方法も解説

前腕屈筋群(ぜんわんくっきんぐん)とは前腕の手のひら側にある筋肉で、主な役割としては手首を手のひら側に曲げる・指で物を掴むときに働きます。スポーツでは手首のスナップを効かせる競技で活躍してくれます。鍛えることで握力の強化もできる手首・手の動きに大きく関与している筋肉です。

チューブアダクションで内転筋(内もも)を気軽に鍛えよう!やり方・注意点

チューブアダクションとはトレーニングチューブを使ってアダクションを行なう筋トレメニューのこと。足を開いた状態から身体の内側に脚を動かすことで内転筋(内もも)を鍛えることができます。アダクションは基本的にはアダクションマシン・ケーブルマシン(ケーブルアダクション)を使うことが最もポピュラーなトレーニング方法です。トレーニングチューブを使えばいつでも気軽に筋トレに取り組むことができます。

チューブハンマーカールで上腕二頭筋長頭を刺激!やり方・注意点

チューブハンマーカールとはトレーニングチューブを使ってハンマーカールを行なう筋トレメニューのこと。チューブを手のひらが向かい合うように握り、肘を曲げてチューブを引くことで上腕二頭筋長頭を鍛えることができます。ハンマーカールは基本的にはダンベルを使ったトレーニング方法が最もポピュラーです。トレーニングチューブは場所も取らない・軽いことからいつでもどこでも気軽に筋トレに取り組むことができます。

チューブバタフライでいつでも大胸筋を刺激しよう!やり方・注意点

チューブバタフライとはトレーニングチューブを使ってダンベルフライ・バタフライマシンを行なう筋トレメニューのこと。腕を広げた状態から前方に向かって腕を閉じることで、大胸筋を鍛えることができます。トレーニングチューブを使えばいつでもどこでも気軽に筋トレをすることができますよ。

チューブキックバックでどこでも上腕三頭筋を刺激!やり方・注意点

チューブキックバックとはトレーニングチューブを使ってトライセプスキックバックを行なう筋トレメニューのこと。前傾姿勢になり、肘を後方に向かって伸ばすことで上腕三頭筋を鍛えることができます。トレーニングチューブを使うことで自宅でも気軽に筋肉を刺激することができますよ。

リバースインクラインショルダープレスで三角筋後部を鍛える!やり方・注意点

リバースインクラインショルダープレスとはインクラインベンチを使ってうつ伏せの状態でショルダープレスを行なうことで三角筋後部を鍛えることができる筋トレメニューのこと。ライイングインクラインショルダープレスとも呼ばれています。通常のショルダープレスでは三角筋中部をメインに鍛えますがバリエーションとして覚えておけば、まんべんなく三角筋を鍛えることができます。

バランスボールプルオーバーで体幹を同時に鍛える!やり方・注意点

バランスボールプルオーバーとはトレーニングベンチの代わりにバランスボールを使ってプルオーバーを行なう筋トレメニューのこと。バランスボールを使ってプルオーバーを行なうことで大胸筋・広背筋だけでなく体幹も同時に鍛えることができます。

インクラインシュラッグで僧帽筋下部を鍛えよう!やり方・注意点

インクラインシュラッグとはインクラインベンチを使ってシュラッグを行なう筋トレメニューのこと。インクラインベンチに角度をつけ、背中ではなく胸を背もたれに当てた状態でシュラッグを行なうことで僧帽筋下部をメインに鍛えることができます。通常のシュラッグでは主に僧帽筋中部を鍛えますが、まんべんなく鍛えたいならインクラインシュラッグも取り入れてみましょう。

ゾットマンカールで上腕二頭筋・上腕筋・腕橈骨筋を鍛える!やり方・注意点

ゾットマンカールとはダンベルを順手で持ち、肘を曲げて持ち上げて手の甲が上になるように腕を旋回させてからダンベルを下ろしていくことで上腕二頭筋・上腕筋・腕橈骨筋を鍛えることができる筋トレメニューのこと。ダンベルカールとリバースカールを組み合わせたような少しマニアックなトレーニングメニューです。

スポンサーリンク
1




1