下半身一覧

ケーブルアダクションで内転筋(内もも)を攻める!やり方・注意点

ケーブルアダクションとはアダクションをケーブルマシンを使って、負荷を高めたトレーニングメニューのこと。ケーブルマシンを使うことで負荷を高める・負荷のかかる可動域を増加させるといった効果・メリットがあります。内転筋(内もも)を引き締めたいならケーブル・アダクションでしょう。

ケーブルアブダクションで中臀筋(お尻)を攻める!やり方・注意点

ケーブルアブダクションとはヒップアブダクションという自重トレーニングをケーブルマシンを使って負荷を高めたトレーニングメニューのこと。足を開いてケーブルを引くことで、中臀筋(お尻)をメインに鍛えることができます。

中臀筋の役割と機能!鍛え方・ストレッチ方法も解説

中臀筋とはお尻から腰付近にある筋肉。股関節を旋回させる・足を開く・足を高く上げるときなどに使われる筋肉です。中臀筋は太ももを動かすときに使われる筋肉ですが、大腿四頭筋→大臀筋→中臀筋というように連携して使われることが多く、股関節の旋回を強化したい場合はこれら全ての筋肉を鍛えることがさらなる強化につながります。

大臀筋の鍛え方!自重・ダンベル・マシンそれぞれの筋トレメニュー解説

大臀筋はお尻を引き締める・スポーツのパフォーマンスを向上させるにはもってこいの筋肉ということですね。そこで今回は大臀筋の鍛え方、自重・ダンベル・マシンそれぞれのトレーニングメニューを解説していきたいと思います。

大臀筋の役割と機能!鍛え方・ストレッチ方法も解説

大臀筋(大殿筋)はお尻の大部分を覆っている筋肉。主な役割としては股関節を動かす・太ももを上下させる運動をするときに働いています。スポーツでは大きく足を蹴り上げるときなどに活躍するので、格闘技における蹴りなどの動作で力をとくに発揮します。

大腿四頭筋の筋トレメニュー!自重・ダンベル・バーベル・マシンそれぞれ解説

大腿四頭筋は太ももの前部分にある筋肉。身体のなかで1番大きな筋肉で、膝を曲げた状態から伸ばすときに使われる筋肉です。スポーツでは蹴りなどの動作で活躍し、ダイエットでも鍛えることで大腿四頭筋は貢献してくれますよ。大腿四頭筋を鍛えることができる筋トレメニューをみていきましょう。

ハムストリングの筋トレメニュー!自重・ダンベル・バーベル・マシンそれぞれ解説

ハムストリングは太ももの裏側にある筋肉。ハムストリングスとも呼ばれています。主に膝を後方へ動かす役割を担っています。この筋肉を鍛えることで、ダッシュやジャンプなどの瞬発力を強化することが可能。スポーツのパフォーマンスを向上させるなら欠かせない筋肉ですね。ハムストリングを鍛えることができる筋トレメニューをみていきましょう。

トゥレイズで前脛骨筋を鍛える!やり方・効果・注意点

トゥレイズとはつま先を持ち上げることで、すねの筋肉を鍛えることができるトレーニングメニューです。ちなみにすねの筋肉の正式な名前は前脛骨筋(ぜんけいこつきん)という名前です。効果としては蹴りの強化ができるなどがあげられます。

アダクションで内転筋(内もも)を鍛えよう!やり方・注意点・バリエーション

アダクションとは脚を内側に動かすことで、内転筋(内もも)を鍛えることができる筋トレメニューのこと。太ももを引き締めたい方には是非鍛えていただきたい筋肉です!

スポンサーリンク
1




1