下半身一覧

家でも気軽にできるダイエット効果の高い運動メニューまとめ!

ダイエットってなかなか続かないですよね。そこで家でも気軽にできるダイエットに効果の高い運動メニューを知っておけば、いちいちジムに行かなくても運動ができて、続くのではないでしょうか?そこで今回は家でも気軽にできるダイエット効果の高い運動メニューを紹介していきたいと思います。

ケーブルスクワットで下半身を追い込め!やり方・注意点

ケーブルスクワットとはケーブルマシンを使ってスクワットを行なう筋トレメニューのこと。通常はダンベル・バーベルを使ってスクワットを行なうのがポピュラーな方法ですがケーブルマシンを使うことで負荷が逃げにくい・可動域を増やすことができる・ワンタッチで重量を変更できます。ケーブルスクワットも取り入れてみましょう。

ケーブルマシンとは?効果・使い方・トレーニングメニューを紹介

ケーブルマシンとはケーブルを引いて筋肉を収縮させて刺激を与えることができるトレーニングマシンのこと。部位別の専用マシンとは違い、ケーブルマシンは様々な角度にケーブルを引けることから1つのマシンで上半身・下半身と自由なトレーニングを行なえることが最大のメリットです。フリーウエイトのように体幹も鍛えることができる優れたマシンです。

チューブデッドリフトで気軽に全身を鍛えよう!やり方・注意点

チューブデッドリフトとはトレーニングチューブを使ってデッドリフトを行なう筋トレメニューのこと。膝を曲げて前傾姿勢にの状態から膝を伸ばしてチューブを引くことでメインにハムストリング・大臀筋・脊柱起立筋をサブで広背筋・僧帽筋・大腿四頭筋を鍛えることができます。デッドリフトは筋トレBIG3と呼ばれるほどの優れたメニューです。全身を鍛えたいならおすすめですよ。

チューブスクワットで下半身を気軽に鍛えよう!やり方・注意点

チューブスクワットとはトレーニングチューブを使ってスクワットを行なう筋トレメニューのこと。トレーニングチューブを使うことで自重スクワットよりも少し強度を高めたトレーニングを行なうことができます。膝を曲げた状態から伸ばすことで大腿四頭筋・大臀筋をメインに鍛えることができます。下半身を強化したいならスクワットは欠かせないですよ。

チューブアダクションで内転筋(内もも)を気軽に鍛えよう!やり方・注意点

チューブアダクションとはトレーニングチューブを使ってアダクションを行なう筋トレメニューのこと。足を開いた状態から身体の内側に脚を動かすことで内転筋(内もも)を鍛えることができます。アダクションは基本的にはアダクションマシン・ケーブルマシン(ケーブルアダクション)を使うことが最もポピュラーなトレーニング方法です。トレーニングチューブを使えばいつでも気軽に筋トレに取り組むことができます。

自重ヒップアブダクションで中臀筋(お尻)を鍛える!やり方・注意点

自重ヒップアブダクションとはヒップアブダクションを道具を使わないで自分の体重だけを使った自重トレーニングメニューこと。地面に横向きに寝そべり、地面側ではない足を天井に向かって持ち上げていくことで中臀筋(お尻の上部)を鍛えることができます。中臀筋を鍛えることでヒップアップ・引き締め効果がありますよ。

ヒップリフトで大臀筋(お尻)を気軽に鍛えよう!やり方と注意点

ヒップリフトとは地面に仰向け状態で膝を立て、お尻を上げ下げする筋トレメニューのこと。お尻を持ち上げることで大臀筋をメインに鍛えることができます。道具を使わない自重トレーニングなので自宅でも気軽にお尻を鍛えることができます。

自重アダクションで内転筋(内もも)を気軽に鍛えよう!やり方・注意点

自重アダクションとは道具を使わないでアダクションを行なう筋トレメニューのこと。地面に横向きで寝そべり、地面側の脚を天井に向かって持ち上げることで内転筋(内もも)を鍛えることができます。太ももを引き締めたいなら自宅でも気軽に取り組める自重アダクションがおすすめです。

内転筋(内転筋群)の役割と機能!鍛え方・ストレッチ方法も解説

内転筋とは太ももの内側に位置する筋肉で、股関節を身体の内側に動かすときに機能しています。長内転筋・短内転筋・恥骨筋・薄筋を総称して内転筋群と呼びます。見た目の変化はもちろん、スポーツでも太ももを動かす動作に大きく関与しているため、パフォーマンスの向上をさせたいなら鍛えるべき筋肉です。

スポンサーリンク
1




1