一覧

前腕伸筋群の役割と機能!鍛え方・ストレッチ方法も解説

前腕伸筋群(ぜんわんしんきんぐん)とは前腕の手の甲側にある筋肉のこと。主な役割として手首を手の甲側に曲げる・指で物を掴むときに働く筋肉です。鍛えることで手首の強化・握力の強化・前腕を太くすることができます。日常生活では手を動かす動作ではほとんどの場面で使われる重要な筋肉です。スポーツでは投げる・掴むなどのジャンルを問わず活躍する筋肉です。鍛えることで腱鞘炎などの手首・肘のケガの予防にもなります。

前腕屈筋群の役割と機能!鍛え方・ストレッチ方法も解説

前腕屈筋群(ぜんわんくっきんぐん)とは前腕の手のひら側にある筋肉で、主な役割としては手首を手のひら側に曲げる・指で物を掴むときに働きます。スポーツでは手首のスナップを効かせる競技で活躍してくれます。鍛えることで握力の強化もできる手首・手の動きに大きく関与している筋肉です。

上腕三頭筋の役割と機能!鍛え方・ストレッチ方法も解説

上腕三頭筋とは肩から肘にかけてにある筋肉。いわゆる二の腕と呼ばれている部分に位置する筋肉です。主な役割としては肘を曲げた状態から伸ばすときに使われています。何かを押したりするとき使われています。わかりやすく例えるなら腕立て伏せなどは上腕三頭筋が大きく働いています。そこで今回は上腕三頭筋の役割と機能・鍛え方やトレーニングメニュー・ストレッチ方法を解説していきたいと思います。

上腕二頭筋の役割と機能!鍛え方・ストレッチ方法も解説

上腕二頭筋は腕の筋肉で、いわゆる力こぶと言われている部分にある筋肉。主な役割としては肘を伸ばした状態から曲げる、前腕を回転させるときに働いています。肘を曲げて物を持ち上げたり、引き寄せたりするときに使われるので、日常生活でも頻繁に使われている重要な役割を果たす筋肉です。

スポンサーリンク
1




1