上半身一覧

前腕伸筋群の役割と機能!鍛え方・ストレッチ方法も解説

前腕伸筋群(ぜんわんしんきんぐん)とは前腕の手の甲側にある筋肉のこと。主な役割として手首を手の甲側に曲げる・指で物を掴むときに働く筋肉です。鍛えることで手首の強化・握力の強化・前腕を太くすることができます。日常生活では手を動かす動作ではほとんどの場面で使われる重要な筋肉です。スポーツでは投げる・掴むなどのジャンルを問わず活躍する筋肉です。鍛えることで腱鞘炎などの手首・肘のケガの予防にもなります。

前腕屈筋群の役割と機能!鍛え方・ストレッチ方法も解説

前腕屈筋群(ぜんわんくっきんぐん)とは前腕の手のひら側にある筋肉で、主な役割としては手首を手のひら側に曲げる・指で物を掴むときに働きます。スポーツでは手首のスナップを効かせる競技で活躍してくれます。鍛えることで握力の強化もできる手首・手の動きに大きく関与している筋肉です。

脊柱起立筋の役割と機能!鍛え方・ストレッチ方法も解説

脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)とは背中の背骨に沿って首から腰辺りにある筋肉のこと。主な機能としては背中を反らす・腰を後方に曲げる動作を行なうときに使われています。また体幹やバランスを取るときにも働きます。

腹斜筋の役割と機能!鍛え方・ストレッチ方法も解説

腹斜筋とはお腹の横部分にある筋肉のこと。主な働きは身体を横に傾げる・身体をねじるなどの動作を行うときに働く筋肉です。スポーツなどの場面ではとくに身体をねじる強化をしたいなら鍛えるべき筋肉でしょう。

腹直筋の役割と機能!鍛え方・ストレッチ方法も解説

腹直筋はお腹の真ん中付近に位置する筋肉。鍛えることでシックスパックと呼ばれる、6つに割れたお腹を作り上げる筋肉として有名です。腹直筋の主な役割としては仰向けの状態から起き上がるなどの動作で働きます。スポーツでは前にかがむ・バランスを保つなどのほとんどの場面で機能している重要な筋肉です。

三角筋の役割と機能!鍛え方・ストレッチ方法も解説

三角筋は肩を覆っている筋肉で、主な役割として腕を上げる・旋回させる動作をするときに働いています。とくに肩を回す・投げる動作で活躍してくれている筋肉です。そのためスポーツでは球技全般での投球力・旋回力を強化したい場合に鍛えるべき筋肉でしょう。

広背筋の役割と機能!鍛え方・ストレッチ方法も解説

広背筋は背中にある筋肉で、主に引く動作などを行うときに働く筋肉です。僧帽筋と連動して、引く動作を行っています。そして広背筋は上半身のなかで最も大きい筋肉なので、逆三角形を作り上げる・上半身のボディメイクには欠かせない筋肉なのです。

大胸筋の役割と機能!鍛え方・ストレッチ方法も解説

大胸筋は胸の部分にある筋肉で、抱え込んだり、押したり、腕を大きく振りかぶる動作に関与している筋肉。また比較的大きな筋肉なので、男性なら分厚い胸板、女性ならバストの形を整えることができることで人気の高い筋肉です。スポーツではテニスやバドミントンなどのサーブ、野球などでは投げる・打つ動作で活躍してくれています。

上腕三頭筋の役割と機能!鍛え方・ストレッチ方法も解説

上腕三頭筋とは肩から肘にかけてにある筋肉。いわゆる二の腕と呼ばれている部分に位置する筋肉です。主な役割としては肘を曲げた状態から伸ばすときに使われています。何かを押したりするとき使われています。わかりやすく例えるなら腕立て伏せなどは上腕三頭筋が大きく働いています。そこで今回は上腕三頭筋の役割と機能・鍛え方やトレーニングメニュー・ストレッチ方法を解説していきたいと思います。

上腕二頭筋の役割と機能!鍛え方・ストレッチ方法も解説

上腕二頭筋は腕の筋肉で、いわゆる力こぶと言われている部分にある筋肉。主な役割としては肘を伸ばした状態から曲げる、前腕を回転させるときに働いています。肘を曲げて物を持ち上げたり、引き寄せたりするときに使われるので、日常生活でも頻繁に使われている重要な役割を果たす筋肉です。

スポンサーリンク
1




1