筋トレ知識一覧

スロートレーニングとは?スロートレーニングの効果とやり方を解説

スロートレーニングとはゆっくりとした動作で筋トレを行うことです。例えば通常なら5秒で往復運動をしていたものを同じ動作を倍の10秒かけて往復運動を行うことを指します。スロートレーニングを行うことで筋肉へ持続的に緊張状態を作り出すことで、血流の制限が起き、比較的軽い重量や自重トレーニングでも筋肉に通常より大きな負担をかけることができます。

筋トレの停滞期に陥る理由と回避方法

筋トレのメニューをどのようにこなしていますか?長期間全く同じメニューをこなしているなら要注意!なぜなら身体が刺激に慣れてしまい、筋肉が成長しなくなります。作業などに対する慣れは良いですが、トレーニングの刺激に慣れてしまうとトレーニングの効果が薄れてしまいます。

やってはいけない!筋トレ・トレーニングの成果を下げる行動5つ

筋トレ・トレーニングの効果を下げる行動は栄養の偏り・睡眠不足・アフターケアを全くしない・飲酒喫煙・なにもせずダラダラ過ごすということがあげられます。あなたはトレーニング後にいくつかやっていませんか?詳しい内容と理由をみていきましょう。

トレーニング後の休み方は大事!筋トレ・トレーニング後の正しい休み方

筋肉は筋トレ・トレーニング後の栄養摂取・睡眠・ストレッチ(筋肉を休める)ことで筋肉のつき方に大きな差がつきます。トレーニングをしてそれで終わりなんてとてももったいないですよ。しっかり正しい休み方を知っておきましょう。

脂肪が筋肉に変化するわけではない!正しい筋肉のつけ方と脂肪燃焼方法

歳を重ねると脂肪が増えてお腹周りが気になり始めたときに思われがちなのが「筋肉が脂肪に変わってしまった」という誤解。これは大きな勘違いなのです。「脂肪細胞」と筋肉を構成している「筋線維」は全く別の細胞から出来ているので、この考えはありえません。逆に脂肪が筋肉に変化することもまたありえません。正しい筋肉のつけ方と脂肪燃焼方法を知る必要があります。

筋トレはタンパク質だけを摂取すれば良いわけではない!栄養摂取の注意点

タンパク質だけを摂れば筋肉は大きくなってくれるわけはありません。またタンパク質だけを摂取することで起こってしまう問題点・勘違いされやすい点を押さえておくことが大切です。タンパク質以外にも筋肉を作るには必須アミノ酸が必要です。必須アミノ酸も同時に摂取する必要があります。

筋トレを始めるために必要な正しい筋トレのやり方と基礎知識

何の知識もなくただがむしゃらに筋トレをしていては効率が悪いです。しっかり基本的な知識を身につけることで最大限に筋トレの成果を出せます。そして知識は一生ものなので一度身につけてしまえば強い味方となってくれます。筋トレをするための基礎知識を身につけましょう。

トレーニングの必要性について│筋肉は使わないと減っていきます

トレーニングや筋トレをどのように捉えていますか?体を武器にしているアスリートやボディビルダー達だけが必要なモノだと思っていないでしょうか。それは実は大きな勘違い!トレーニングは人間が健康的に生きていく上でかなり重要な要素となります。筋肉を使わないと加齢とともに筋肉も衰えていきます。筋肉は使わないと減っていきます!

タンパク質が不足すると起こる悪い症状!思っているよりタンパク質は重要

タンパク質が不足する理由として、無理なダイエット・栄養の偏った食事などが一般的に挙げられます。人は1日に自分の体重×1.0gのタンパク質を摂ることを推薦されています。60kgの男性なら一日約60gのタンパク質を摂る必要があるのです。

スポンサーリンク
1




1