ケーブルアップライトロウで僧帽筋と三角筋を追い込む!やり方・注意点

スポンサードリンク




ケーブルアップライトロウとはアップライトロウをケーブルマシンを使って行なうトレーニングメニューのこと。ケーブルマシンを使って、アップライトロウを行なうことで、可動域が増える・負荷が逃げにくいというメリットがあります。

僧帽筋三角筋をさらに攻めたいならケーブルアップライトロウをしましょう!

そこで今回はケーブルアップライトロウの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

ケーブル・アップライトロウは「僧帽筋」「三角筋」を鍛えることができる

ケーブル・アップライトロウはケーブルマシンを使ってアップライトロウを行なうトレーニングメニュー。ケーブルマシンを使うことで、可動域が増える・負荷が逃げにくくなるため「僧帽筋」「三角筋」への負荷が高まります。

ケーブル・アップライトロウでさらに僧帽筋・三角筋を攻めよう!

ケーブル・アップライトロウの正しいやり方

ケーブル・アップライトロウの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したりしてしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

ケーブル・アップライトロウの基本動作は

1.ケーブルマシンにバーを取り付ける

2.両手でバーを順手で拳2つ分ほど開けて握り、腕を伸ばし構える

3.肘を引いて、肩の高さまでウエイトを持ち上げていく

4.肩の高さまでウエイトを持ち上げたら、ゆっくりと腕を伸ばして下ろしていく

5.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

ケーブル・アップライトロウを行なう際の注意点

ケーブル・アップライトロウを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になったりします。注意点を押さえておきましょう

手幅は拳2つ分ほど開いてバーを握る

ケーブル・アップライトロウを行なうときはバーを握る手幅を拳2つ分ほど開けて握りましょう。あまりにもバーを握る手幅が狭いと手首がねじれてしまい、痛める原因になってしまいます。

バーを握る手幅は拳2つ分を目安にするといいですね。拳2つ分以上でも問題ないので、好みの手幅を見つけよう!

肩の高さまでウエイトを持ち上げよう

アップライトロウ全般に言えることですが、肘を引いてウエイトを持ち上げていくときに肩の高さまでウエイトを持ち上げるようにしましょう。肩よりも低い位置でトレーニングしてしまうと可動域が狭くなってしまうので、トレーニングの効果が半減してしまいます。

バーが肩の高さまで来るようにウエイトを持ち上げましょう。

ケーブル・アップライトロウで僧帽筋・三角筋を攻める!

ケーブル・アップライトロウはケーブルマシンを使って、アップライトロウを行なうことで可動域を増やす・負荷が逃げにくくすることができます。僧帽筋三角筋をさらに攻めたいならケーブル・アップライトロウをしよう!

ケーブル・アップライトロウについてまとめると

  1. ケーブルマシンを使ってアップライトロウを行なうメニュー
  2. 可動域が増える・負荷が逃げにくくなるというメリットがある
  3. 拳2つ分ほどの手幅でトレーニングしよう
  4. 肩の高さまでウエイトを持ち上げよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1