ケーブルフレンチプレスで上腕三頭筋を攻めろ!やり方と注意点

スポンサードリンク




ケーブルフレンチプレスとはフレンチプレスをケーブルマシンを使って行なうトレーニングメニュー。ケーブルマシンを使うことで、可動域を増やせる・負荷が逃げにくいというメリットがあります。ケーブルトライセプスエクステンションとも呼ばれています。

ウエイトを肘を伸ばすように持ち上げることで上腕三頭筋をメインに鍛えることができます。上腕三頭筋を鍛えることで腕を太くすることができる・二の腕を引き締める効果がありますよ。

そこで今回はケーブルフレンチプレスの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

ケーブルフレンチプレスは「上腕三頭筋」を鍛えることができる

ケーブルフレンチプレスは肘を伸ばしてウエイトを持ち上げることで、「上腕三頭筋」をメインに鍛えることができます。

腕を太くしたい・二の腕を引き締めたいなら上腕三頭筋を鍛えましょう。

またケーブルマシンを使ってフレンチプレスをすることで、可動域が増える・負荷が逃げにくいためより一層上腕三頭筋を刺激することができますよ。

ケーブルフレンチプレスの正しいやり方

ケーブルフレンチプレスの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したりしてしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

ケーブルフレンチプレスの基本動作は

1.ケーブルマシンにロープアタッチメントをセットする

2.ハンドルをそれぞれ両手に持つ

3.ケーブルマシンを背に立ち、肘を曲げてウエイトを頭の後ろで構える

4.肘の位置が動かないように肘を伸ばしてウエイトを引いていく

5.肘を完全に伸ばしてウエイトを引いたら、ゆっくりと元の位置に戻していく

6.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

ケーブルフレンチプレスを行なう際の注意点

ケーブルフレンチプレスを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になったりします。注意点を押さえておきましょう。

肘の位置が動かないように注意しよう

ケーブルフレンチプレスを行なうときは肘の位置が前後に動かないように注意しましょう。

ウエイトを引くときに肘が前後に動いてしまうと負荷が逃げてしまい、筋肉が刺激されません。

ターゲットである上腕三頭筋をしっかり刺激するために肘の位置が動かないように注意しながらトレーニングしよう。

可動域を意識しよう

ケーブルフレンチプレスを行なうときは肘を曲げて、しっかり伸ばすように可動域を意識しましょう。

狭い可動域でトレーニングしてしまうと筋肉がしっかり刺激されません。

筋肉をしっかり刺激するために肘を曲げて、伸ばすことを意識して可動域を活かしてトレーニングの効果を最大限まで出しましょう。

ケーブルフレンチプレスで上腕三頭筋を攻めろ!

ケーブルフレンチプレスはフレンチプレスをケーブルマシンを使って行なうトレーニングメニューということがわかりましたね。ケーブルマシンを使ってフレンチプレスを行なうことで可動域が増える・負荷が逃げにくいというメリットがあります。

ウエイトを肘を伸ばして持ち上げることで上腕三頭筋をメインに鍛えることができます。上腕三頭筋を鍛えることで、腕を太くすることができる・二の腕を引き締める効果がありますよ。

ケーブルフレンチプレスで上腕三頭筋を攻めよう!

ケーブルフレンチプレスについてまとめると

  1. ケーブルマシンを使ってフレンチプレスを行なうメニュー
  2. 上腕三頭筋を鍛えることができる
  3. 肘の位置が動かないようにトレーニングしよう
  4. 可動域を意識しよう

フォローする